記事

「キャディーも頭を下げるなんて」松山選手の優勝にアメリカ人が感動したワケ

1/2

米メディアもトップ扱いで報じた

アメリカで最も伝統と権威あるゴルフ大会の一つ、マスターズ・トーナメントで優勝した松山英樹選手は、アメリカメディアでも翌朝のトップニュースの一つとして紹介された。

優勝後、グリーンジャケットを着て満面の笑みを浮かべる松山選手の写真や、ゴルフ好きで多くの名選手を出してきた日本で、国民的ヒーローとして熱狂的に迎えられていることなどが伝えられた。

マスターズを制し、キャディーの早藤(左)と喜び合う松山英樹
マスターズを制し、キャディーの早藤(左)と喜び合う松山英樹=2021年4月11日、オーガスタ - 写真=Sipa USA/時事通信フォト

こういう場合、まず日本では「日本男子初のメジャー制覇、そしてマスターズ優勝」と報道されるはずだ。ところがアメリカでは“日本人”である前に「アジア人、アジア生まれとしてマスターズ初優勝」と紹介されていることをご存知だろうか。

これは別に日本を軽んじているわけではない。というよりも、アメリカにおけるゴルフというスポーツ、特にマスターズが、これまでマイノリティーの人種にとっていかに敷居が高いものであったかということを意味している。

つまり、松山選手のマスターズ優勝がアメリカ社会に与えるインパクトは、テニスの大坂なおみ選手が初めてグランドスラムを制覇した2018年全米オープン優勝と同等か、それ以上の大きさなのだ。

野球とは比較にならないほど保守的

これまで日本人アスリートのアメリカ進出といえば、メジャーリーグが中心だった。90年代の野茂英雄やイチロー、松井秀喜、ダルビッシュ有、田中将大、そして大谷翔平など日本人選手の活躍で、ベースボール・ジャパンのイメージはすっかり定着している。また近年では八村塁選手などNBA(米プロバスケットボール)にチャレンジする日本人も増え、テニスの世界では錦織圭、大坂両選手が世界的な人気を手にしている。

しかしアメリカのゴルフは、こうしたスポーツとは全く違う次元に存在していた。

メジャーリーグがヒスパニックやアジア系、NBAもNFL(米プロフットボールリーグ)も黒人選手抜きでは考えられない今、ヨーロッパの白人スポーツのイメージが強かったテニスでも少しずつマイノリティーが活躍し始めている。

ところが、ゴルフだけはこれまで人種による階層がはっきり分けられ、1961年に全米プロゴルフ団体のPGAが非白人の出場を認めてからも、タイガー・ウッズが現れるまではほぼ100%白人のスポーツだった。アジア人のチャンピオンはPGAツアーで2009年に初優勝を果たした韓国のY. E.ヤン選手だけだ。

ゴルフのメジャー大会でマイノリティーが優勝することは、他のスポーツとは比較にならないくらい画期的なことなのだ。それもマスターズとなれば、なおさらその衝撃度は大きい。

キャディーは黒人、“女人禁制”だった

マスターズは他の大会と比べて特に権威がある一方、最も保守的で、今も人種差別的な側面があると言われている。

開催地のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブがあるジョージア州は、南部の中心地であり、南北戦争では奴隷制廃止に反対して激しく戦った後も、人種隔離でマイノリティーを差別し続けた土地柄だ。ここでプレーする時のキャディーは1983年まで全員黒人と決まっていたほどだ。

ゴルフクラブ
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/miflippo

マスターズが始まったのは1934年だが、黒人の参加が許されたのは1975年。会場のゴルフクラブも、会員として黒人が受け入れられたのは1990年。さらに女性が会員になれたのは2012年と、つい最近である。

他のスポーツ大会が次々とダイバーシティ重視に方向転換していくのに対し、マスターズだけは独自の道を歩み続けた。それができたのは、伝統に加えて他の追随を許さない資金力のおかげとも言われている。

なにしろマスターズのテレビ中継は、民放のCBSが担うのにCMが入らない。スポンサーにおもねることもなければ、一般消費者の支持もいらない。それほどのパワーを持っている。アメリカのスポーツ団体でこんなことができるのはマスターズしかない。

しかし、さすがにここ数年は、社会的なプレッシャーもあり少しずつ変化が見られている。今年は大会のキックオフに、46年前初めてマスターズでプレーした黒人リー・エルダーを招き記念のセレモニーを行った。そしてその4日後にマイノリティーである松山が優勝したことを、象徴的に捉える声は少なくない。

アジア系への暴力事件がやまない中…

もう一つ象徴的に捉えられているのが、今アメリカで激しくなっているアジア系へのヘイトクライムとの関係だ。

ニューヨーク・タイムズは「アジア系へのヘイトクライムが問題になっている中での快挙」と報じ、フロリダ州の主要紙マイアミ・ヘラルドは「スポーツでは現実の問題を解決することはできないが、アジア系、特に日本人の気持ちを少しでも上げることができたはず」と書いた。

トランプ前大統領の「チャイナウイルス」がトリガーとなり、コロナウイルスのパンデミックで疲弊した人々が、見かけでは区別がつきにくいアジア系をターゲットに嫌がらせや暴力事件を起こすケースが後を絶たない。

あわせて読みたい

「松山英樹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  7. 7

    使わない人も知っておきたい、自衛のためのApple「AirTag」の基礎知識 - 山口 真弘

    文春オンライン

    05月15日 12:18

  8. 8

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  9. 9

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

  10. 10

    焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

    ロイター

    05月14日 19:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。