記事
  • ロイター
  • 2021年04月21日 09:05 (配信日時 04月21日 08:58)

グッチの第1四半期売上高、前年比24.6%増と予想超え


[パリ 20日 ロイター] - 仏高級ブランドグループのケリングは20日、傘下のグッチの第1・四半期売上高が力強く回復したと明らかにした。中国や米国など主要市場で新型コロナウイルスのパンデミックに伴う行動制限が緩和され、高級ブランド業界全体が持ち直しつつあることが改めて示された形だ。

グッチの既存店売上高の前年同期比は24.6%増で、市場コンセンサスの19%増を超えた。グッチはケリングの売上高全体の6割、利益の8割を占める。

5年間素晴らしい成長が続いた後、昨年ライバル勢に対して業績が出遅れたことで投資家の間に生じた、グッチは失速したのではないかとの懸念も払しょくされる公算が大きい。

ただルイ・ヴィトンなどを展開する最大の競争相手、LVMHの第1・四半期売上高はさらに好調で、バーンスタインのアナリスト、ルカ・ソルカ氏は、こうした状況がケリングの株価を圧迫する恐れがあるとの見方を示した。

グッチは、100周年記念のイベントと新作でファンの取り込みを図りたい考え。先週には別の傘下ブランドのバレンシアガと競演したオンライン形式のファッションショーもその1つで、ケリングのデュプレ最高財務責任者(CFO)によると2億0500万人が視聴したという。

サード・ブリッジのシニアアナリスト、ハリー・バーニック氏は、こうしたファッションショーは一部の重要な顧客に高揚感をもたらしてもおかしくないと述べ、特に中国で成功しそうだとみている。

デュプレ氏は、今年はケリングとしてグッチの勢いを強めるための投資を計画しているが、経費や利益率に関する節度は守ると説明した。

ケリングの売上高は第1・四半期にアジア太平洋で83%、米国で46%増加した半面、西欧では34%減少。デュプレ氏は、英国など期間中のほとんどで厳しいロックダウンが実施された地域の落ち込みが最も大きかったと述べた。

第1・四半期のグループ全体の売上高は、為替レートや買収の影響を除くベースで前年同期比25.8%増の38億9000万ユーロ(46億9000万ドル)。既存店売上高の前年比伸び率は5.5%だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  2. 2

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  3. 3

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

  4. 4

    緊急事態宣言の解除後からコロナ感染者数が増加 苦境に立たされる菅首相と自民党

    早川忠孝

    06月24日 22:30

  5. 5

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  6. 6

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  7. 7

    「ネットワーク生かし現場の声を都政に届ける」公明党東京都本部代表高木陽介氏

    安倍宏行

    06月24日 18:29

  8. 8

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  9. 9

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  10. 10

    夫婦同姓を合憲とする判断に鈴木宗男氏「夫婦同姓は当たり前で、議論の余地もない」

    鈴木宗男

    06月24日 17:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。