記事
  • ロイター
  • 2021年04月20日 12:10 (配信日時 04月20日 12:05)

午前の日経平均は大幅反落、コロナ感染警戒や円高で売り強まる


[東京 20日 ロイター] - 20日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比534円66銭安の2万9150円71銭となり、大幅反落した。前日の米株安に加え、対ドルでの円高基調や、国内での新型コロナウイルス感染拡大への警戒感も重しとなって、下げ幅は一時600円超安まで拡大した。その後いったん下げ渋ったが、反発力は弱く安値圏での推移となっている。

市場では、好業績が期待される決算シーズンを控えていることが支えになりそうな一方、米株安や円高に加え、国内要因として新型コロナ感染が再拡大傾向にあり、「3回目の緊急事態宣言が近いとの警戒感は強く、リスク回避的な動きが目立っている」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩チーフマーケットストラテジスト)との見方が聞かれた。 

前日の米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種指数、ナスダック指数の3指数がそろって下落。フィラデルフィア半導体指数が2.52%下落したことを受け、半導体や電子部品の一角への売り圧力が強まり、東京エレクトロン、アドバンテストなど半導体関連株が軟調に推移した。

ドル/円は一時107円台後半に下落した後、反発し108円台を回復。これに合わせ、株価も一時2万9200円台に持ち直した。ただ、国内要因として、新型コロナの感染再拡大による大阪や東京での緊急事態宣言要請に向けた動きから経済への悪影響が警戒され、戻りは限られた。「内需株への売り圧力が強まりやすい」(国内証券)とされ、丸井グループや東宝は続落した。

TOPIXは1.25%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆1291億円。東証33業種では、海運と電機・ガスのみが上昇し、機械、パルプ・紙、電気機器などの値下がりが目立った。

東証1部の騰落数は、値上がりが503銘柄、値下がりが1583銘柄、変わらずが104銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  5. 5

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  6. 6

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。