記事

「失敗の日本史」上杉景勝の判断ミスがなければ徳川家康は関ヶ原で負けていた

1/2

上杉景勝は軍神・上杉謙信から家督を相続し、会津120万石を与えられた豊臣五大老の一人だ。だが秀吉の死後は家康の術中にまんまとはまり、上杉家の存続こそ許されたものの、所領は30万石へと大幅に減封されてしまった。東京大学史学編纂所の本郷和人教授は「失敗の理由はただひとつ、彼が大局を見極められなかったこと」と説明する――。

※本稿は、本郷和人『「失敗」の日本史』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

上杉景勝像(山形県米沢市・上杉神社蔵・作者不詳)上杉景勝像(山形県米沢市・上杉神社蔵・作者不詳)

会津120万石という大領地を与えられた理由

上杉景勝は関ヶ原のときに、二重の失敗をしでかしています。失敗の理由はただひとつ、彼が大局を見極められなかったこと。

関ヶ原の時点で、彼の領地は会津でした。会津は東北の要の地であり、ここを持つ大名が東北のチャンピオン。その地を伊達政宗が取った。しかし豊臣秀吉に「もう戦争の時代は終わった。俺の家来になれ。挨拶に来い」と言われ、いろいろと渋りましたが、結局、家来になる。会津は取り上げられて、「おまえなら任せられる」ということで蒲生氏郷に与えられます。

そこから氏郷は見事に秀吉の期待に応え、怪しい動きを見せる伊達政宗の活動を封じる。それで92万石まで領地が増やされるも、40歳で亡くなってしまいます。しかし後継ぎがまだ幼なかったために秀吉は会津を蒲生から取り上げ、その会津にあらためて置かれたのが上杉景勝でした。

上杉は越後から国替えされるのですが、そのかわり、120万石という大きな領地を与えられた。その配置には「東北地方の抑え」という意図と、恐らく「徳川の背後を牽制する」という意味合いがあったと思います。ところが国替えののち、すぐに秀吉は亡くなってしまう。それで徳川家康の活動が活発になっていく。

「大きな戦争」を狙っていた徳川家康

当時の家康がなにを狙っていたかというと「大きな戦争」です。戦争を起こして、どさくさまぎれに豊臣の政権を奪取したい。これは秀吉が、織田の政権を奪取するときに行った方法と同じです。明智光秀を始めとして柴田勝家らと、戦争に次ぐ戦争をやる。そのうち、いつの間にか織田家の政権は秀吉のものになっていた。

だから家康も、列島規模で大きな戦いを起こしたかった。それに勝つことで豊臣政権を否定し、徳川政権を作ろうとしたのです。

秀吉が死に、前田利家も世を去って

秀吉亡きあと、まず起こったのは石田三成の失脚でした。秀吉という後ろ盾を失った三成は、武将たちに狙われるようになります。

正確に言えば、秀吉の没後すぐに狙われたのではなく、前田利家が亡くなった直後に狙われた。利家は「石田三成を失脚させたら豊臣政権は崩れるぞ」と、考えていました。それで「俺の目の黒いうちはがんばってもらう」と三成をかばっていたのですが、その彼も秀吉の1年後に亡くなってしまう。

もはや三成をかばう者はいません。「前田殿亡き今、三成をやれる」と加藤清正や福島正則らが立ち上がるも、仲裁に入ったのが徳川家康でした。それにより三成は佐和山に隠居。豊臣政権から離脱するというかたちでいったん話がつく。

「このとき仲裁などせず、三成を見殺しにすれば、のちの関ヶ原もなかったのでは」という話になりそうですが、そういうことではない。家康の狙いは、三成を殺す、殺さないといった小さな話ではありません。繰り返しとなりますが、国がひっくり返るような「大きな戦争」を欲していたのです。

前田家の次に家康の標的になった上杉家

三成を離脱させたあとの徳川家康はやりたい放題。戦争のためには相手が必要だということで、最初に目をつけたのが前田家でした。

利家の息子、利長の代になっていた前田家に「謀反の動きあり」と難癖をつけたのですが、前田はすぐさま謝ってきた。自分の母親、もう高齢になっていたお松さんですが、お松さんを人質として江戸に送りますと、文字通り土下座外交を展開しました。

よくよく考えてみれば、それはおかしい。当時はまだ豊臣政権下ですから、本来家康と利長は同僚です。同僚のところになぜ人質を出すのでしょうか。しかし利長は家康の意図をきちんと理解し、徳川に優る力が自分たちにないと理解していたからこそ、謝った。そこまでされれば家康も「謀反はなかった」と疑う姿勢を解き、お松さんは江戸に送られます。

では次に誰を狙うか。「大きな戦争」を起こすには、相手も大きくなければなりません。三成のような小物ではダメ。そこで狙われたのが上杉景勝でした。

今度は彼に謀反の疑いがかけられます。もちろん濡れ衣でしょう。しかしこの流れは前田と同様で、もう誰もが家康が理不尽なことを言っているのはわかっている。家康も、自分が無茶苦茶なことを言っているとわかっています。わかっていても、狡猾(こうかつ)な家康はそんな自分に誰がついてくるか、こないのかを見定めていたのです。

景勝の失敗その1「土下座できなかった」

景勝としては、家康の理不尽に耐えて、前田利長のように土下座するべきでした。しかししなかった。これがまず、ひとつめの失敗です。

本郷和人『「失敗」の日本史』(中公新書ラクレ)
本郷和人『「失敗」の日本史』(中公新書ラクレ)

もし土下座をしていたら、攻める口実を失った家康は、上杉を120万石のままで残さざるを得なかったでしょう。そして同じ120万石であれば、西に毛利がいた。何度も言いますが、日本は西高東低でしたから、西国に120万石を持っているのであれば、こっちは潰したい。しかし東国で120万石であれば、まあ許されたと思います。

だから景勝としては、家康に土下座して従う姿勢を見せるべきだったのですが、彼には「我が家は謙信公以来の武門の家柄」というプライドがある。「謀反など全然考えていません」と真っ向から反論した。その反論がいわゆる「直江状」なのですが、その内容がどこまで真実か、そもそも直江状が本物だったのかという疑問は、この際置いておきます。

ともかくも、景勝は気持ちよく「やるなら来い! うちは武門の家だ。受けて立つ」と応えた。その際、家康は怒ったと言われていますが、おそらく腹の中では笑っていたことでしょう。「愚か者めが。これで戦争をする口実ができた」と。

あわせて読みたい

「日本史」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  2. 2

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  3. 3

    警鐘鳴らした当人が…医師会会長パーティ出席で謝罪内容に非難

    女性自身

    05月14日 08:34

  4. 4

    新型コロナワクチン接種。政治家が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月14日 08:17

  5. 5

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  6. 6

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  7. 7

    「希望者全員に毎月20万円の給付金を配れ」京大教授が訴える最強のコロナ対策

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:56

  8. 8

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  9. 9

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  10. 10

    発熱外来病院でみんなでランチの恐怖!県外移動さえしなければいいとの思い込み・・・

    かさこ

    05月14日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。