記事
  • ロイター

豪経済は予想上回る回復、政策引き締め急がず=中銀議事要旨


[シドニー 20日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行)は20日に公表した4月の理事会議事要旨で、国内経済の回復はこれまで予想を上回っており、今年と来年に「基調を上回る」景気拡大を遂げる可能性が高いとの見通しを示した。ただ、金融政策の引き締めは依然として急がないとした。

豪中銀は6日の理事会で、政策金利を過去最低の0.1%に据え置くとともに、失業率の低下とインフレ率の加速に向けて必要な限り緩和的な政策を維持する方針を改めて示した。

昨年には3回の利下げを実施し、3年債利回りを0.1%に維持するための措置を導入。長期債を対象とした大規模な量的緩和にも着手した。

議事要旨では、実際のインフレ率が2─3%の目標範囲内に持続的に収まるまで、中銀がこうした支援スタンスを継続することが示された。中銀は早くても2024年までこの目標は達成されないとみている。

議事要旨では「全体として、暫定データは1─3月期の国内総生産(GDP)が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準付近まで一段と回復した公算が大きいことを示している」とし、従来予想より回復時期が早まっているとの認識を示した。

また、今年と来年の景気拡大は「基調を上回る」ペースになると予想した。

一方で「こうした全般的に前向きな動向にもかかわらず、賃金と物価の上昇圧力は依然抑制されており、数年にわたり同様の状況が続く見通しだ」と指摘。経済にはかなりの余剰能力があり、失業率は依然として高過ぎるとの見方を示した。

金融緩和策で経済活動全般が支援される一方、住宅市場では価格の大幅上昇が見られている。

理事会では住宅価格上昇が議論され、今月9日に公表された半期に1度の金融安定報告の説明も行われた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  4. 4

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  9. 9

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。