記事
  • WEDGE Infinity

インテル vs TSMC 半導体ウォーズの勝者はどちらか - 杉山和弘

1/2

インテルが新工場に2兆円を投じると発表すれば、TSMCは3年で11兆円投資すると発表。両社の駆け引きは激しさを増す (CHESNOT/GETTYIMAGES)

「台湾積体電路製造(TSMC)」の名前を新聞などで見ない日はないというほど、このところ注目度が高い。1年前には50ドル台後半だった株価は、今年2月には140ドルまで高騰した。「ファウンドリ」と呼ばれる半導体製造会社がなぜこれほど注目されるのか。実は、世界の半導体業界では、今まさに王座が交代しようとしているのだ。長らく王者として君臨してきたインテルの株価は、TSMCとは対照的にこの1年、40~60ドル台で推移している。インテルが半導体の設計から製造まで一貫して自社で行ってきた(垂直統合)のに対して、TSMCは製造だけに特化すること(水平分業)で台頭してきた。このまま王座交代になるのか……。

〝リビングレジェンド〟が
インテルに復帰

2月16日、〝リビングレジェンド(生きる伝説)〟とも言える、パットリック・ゲルシンガー氏(59歳)が、インテル8代目の最高経営責任者(CEO)に就任した。ゲルシンガー氏は、18歳でインテルに入社し、働きながらスタンフォード大学で学位を取得し、MPU(コンピュータのCPU〈中央処理装置〉として使われる)「インテル・コア」の開発を主導してきた。副社長、最高技術責任者(CTO)も務め、2009年に退社した。ここにきてなぜ、出戻り人材が社長に返り咲いたのか。そこにはインテルの置かれた〝苦境〟が反映されている。

インテル創業者の1人であるゴードン・ムーアが提唱した、「半導体の集積密度は18カ月~24カ月で2倍になる」という「ムーアの法則」を地で行く形でインテルは半導体業界の王座に君臨してきた。しかし、この微細化で躓くことになる。線幅10ナノ(ナノは基礎となる単位の10億分の1)プロセスの量産に遅れた結果、TSMCなどに先を越され、7ナノ、5ナノプロセスでTSMCが量産を開始しているのに対して、インテルは23年までずれ込むという指摘もある。ムーアの法則というロードマップを守れなくなり、ファウンドリに先を越されてしまったのだ。


(出所)各種報道を元にウェッジ作成 写真を拡大

インテルは、これまで「インテル・ルール」とも言える、独自の設計、独自の製造方法など、すべて自前で行うことを強みとしてきた。

しかし、インテルが製造してきたMPUに求められるのが処理速度の速さがメインだったところから、スマートフォンなどが高性能化していくなかで、画像処理のためのGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット=画像処理半導体)やメモリなど、複数の機能を内蔵する必要が出てきた。こうしたなかで、GPUの企画設計を得意とするエヌビディアなど、工場を持たないファブレスメーカーが台頭してきた。つまり、自前だけで設計することが難しくなりつつあるのだ。

前社長であるボブ・スワン氏は、18年に、前任者の不祥事によって最高財務責任者(CFO)と兼務する形でCEOに就任した。だが、その後も微細化競争の遅れを取り戻すことができず、エンジニア出身トップの待望論が起き、ゲルシンガー氏に白羽の矢が立った。エンジニアがトップになることで、微細化のロードマップと、実際の設計製造現場とのバランスをとることが可能になる。また、ゲルシンガー氏自身、この10年間ソフトウエア会社でCEOを経験したことによって、ファイナンスや経理などの知見を身につけたことでも大きな期待が寄せられている。

業界の大勢は
「水平分業」に移行

『Mac相場に異変 独自CPUが中古市場に余波』(1月23日付日本経済新聞)という記事が出た。アップルのノートパソコン「Mac」は、中古になっても値が下がらないことが常識だったが、値下がりが進んでいるという。なぜか。アップルがこれまでのインテル製のCPUから、「M1チップ」と呼ばれる独自のCPUを搭載したモデルを昨年11月に発売したからだ。ユーザーからは「処理速度が速く、バッテリーの持ちが良い」と称賛の声が上がっている。このM1チップは、半導体設計会社アームのモデルを基盤にしてアップルが独自に設計した。そして、生産したのがTSMCだ。

TSMCは、半導体の製造設計を行うテキサス・インスツルメンツ出身の張忠謀氏が1987年に台湾で創業した。その後30年で世界市場の50%近くの半導体を生産するトップ企業となった。半導体の製造は、プロセスの進化とキャパシティを増やすために大規模な投資が必要になる。かつて「半導体大国」だった日本の企業も、投資合戦に敗れて多くが姿を消した。その一方で、投資リスクを減らすため、半導体の製造をやめ、設計に特化する企業も出てきた。その受け皿となったのが、TSMCなどのファウンドリだ。

今や、量だけではなく技術においても、ファウンドリが最先端を走るようになった。特に7ナノ、5ナノなどの最先端プロセスは、TSMC、サムスン、2社しか生産できない。アップルをはじめとしたユーザーは、ファウンドリに日参して生産ラインを確保することに躍起になっているという状況だ。パソコンなど、かつてはインテルが主導して、インターフェイスなどが決められていたが、それがファウンドリに移行しつつある。

長年インテルと熾烈な競争をしてきたアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)も7ナノプロセス以降は、ファウンドリを米国のグローバル・ファウンダリーズからTSMCへ変更した。これによってパソコンのCPUでインテルのシェアを奪った。

半導体メーカーのなかでこのような分業化が進む一方で、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンといったいわゆるGAFAは、その潤沢な自己資金によって、半導体の自社設計を加速させることが予想される。GAFAだけではなく、自動運転の実用化を目指す自動車メーカーも、自前で半導体設計を行う可能性が高い。そうなれば、ますますファウンドリの重要性は高まってくる。

あわせて読みたい

「半導体」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  4. 4

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  5. 5

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  6. 6

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  7. 7

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  10. 10

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。