記事
  • 女性自身

「おかえり」動画に出演…佐藤健が続ける震災5年目の熊本支援



16年4月に発生した熊本地震から5年目を迎える今春、熊本城の天守閣が完全復旧。そこで今月19日、熊本城へ「おかえりなさい」とメッセージを贈るWEB動画が「熊本市観光」のYouTubeチャンネルにアップされた。

復旧にちなんで“29組”が、「おかえり」と熊本城に伝えるこの動画。そこに参加しているのが、俳優の佐藤健(32)だ。

自身が主演を務める映画「るろうに剣心」シリーズの撮影で、何度も熊本県に訪れている佐藤。17年4月、熊本の魅力を紹介する本『るろうにほん 熊本へ』を上梓している。同作を制作するキッカケとなったのは熊本地震だった。

「佐藤さんは震災後、被災地へ炊き出しに行きました。その際、地元の人たちから『観光客が激減して困っている』と耳にしたそうです。そこで『自分にできることはないか』と思い、自ら企画したのが『るろうにほん』。佐藤さんは『熊本は第二の故郷』ともいい、『この本を手に取って、熊本に足を運んでもらえたら』との気持ちで制作したといいます」(全国紙記者)

震災直後の熊本城の様子も収められている『るろうにほん』。そのため資料として貴重なものとなっている。

「佐藤さんは本を制作するうちに、熊本城が県民にとって大きな存在であると知ったといいます。そのため、彼自身も熊本城の復旧を待ち望んでいました。震災から3年半目で大天守外観が復旧した際、佐藤さんは記念式典にサプライズで登場。そこで『お会いする方々の表情が晴れやかで僕も嬉しい』と自分のことのように喜んでいました」(前出・全国紙記者)

■「くまモンはマブダチ」

また『るろうにほん』の利益は全額、熊本の地元自治体に寄付されている。

「同作は反響を呼び続け昨年6月、4刷の重版となりました。県外の人に向けて作ったものでしたが、『住んでいても知らない魅力があった』との感想があったそうで佐藤さんは大喜び。くまモンとの交流も重ねており、『くまモンはマブダチ』とも。いまやSNSなどを通して、お互いの誕生日を祝う仲となりました」(前出・全国紙記者)

佐藤は、19年10月から放映されている熊本市のCMでナレーションを担当。そして今回の“おかえり”ムービー。これからも佐藤と熊本の縁は深まっていくことだろう。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  6. 6

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  7. 7

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  8. 8

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    吉村知事よ、北新地の悲鳴を聞け!「もう今が限界ですわ。お店も言うこときかなくなってくる」

    NEWSポストセブン

    05月09日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。