記事

日米声明に台湾明記 主体的な展望を

バイデン米大統領とホワイトハウスで初めて対面で会談した菅首相は、日本時間の17日、会談後、共同声明を発表しました。

中国が覇権的な動きを強める台湾海峡を巡って「平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」と明記しました。

中国は、内政干渉だと反発しています。

共同声明のポイントは、

〇上記の「」のとおり
〇香港および新疆ウイグル自治区の人権状況への深刻な懸念を共有
〇日本は自らの防衛力強化を決意。米国は核を含む日本防衛にゆるぎない支持を表明
〇気候危機に対して「日米気候パートナーシップ」を立ち上げ
〇バイデン大統領は東京五輪・パラリンピックを開催するための菅首相の努力を支持

、などです。

今回の声明によって、日米関係者の間では「台湾有事に供えた、日米共同作戦計画を策定することになるのではないか」という見方がある、と報じられています。

日米声明に半世紀ぶりに「台湾」を明記したことによって、中国との関係は厳しくなるとみられます。

バイデン大統領が、対面での会談の最初に日本の菅首相を選んだのも、対中政策を迫るためとされています。

人権問題など、中国の横暴は許せません。

一方で、中国は日本にとって最大の貿易国です。の

コロナ禍で、日本対中貿易の比重は増し、疲弊する日本の産業を支えている、といえます。

対日姿勢を硬化させ、中国が経済制裁に動くことも、懸念されています。

日本の防衛力の強化への決意、を示した菅首相、対中政策も含めて、事前に周到な議論や準備がなされていたようには、見えず、米国に押し切られたように感じられます。

自由で開かれたインド太平洋実現への連携も、盛り込まれはしましたが、人権など秩序を乱す中国の行動は批判しつつ、対話を通じて、中国も乗り気な気候変動対策を協調して行うなど、覚悟をもって、建設的な関係を作っていってもらいたいものです。

あわせて読みたい

「日米首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  2. 2

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  3. 3

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  4. 4

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  7. 7

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  10. 10

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。