記事
  • ロイター

中国の出生数、今後5年で1000万人割れも=専門家


[北京 19日 ロイター] - 中国の広東省人口発展研究院は、政府が早急に「二人っ子」政策を廃止しなければ、年間の出生数が今後5年で1000万人を下回る可能性があるとの見解を示した。

国内の総人口が今後数年で減少する可能性もあるという。

経済メディア「第一財経(Yicai)」が同研究所の幹部の発言として報じた。

国家統計局によると、2019年に中国で生まれた新生児は58万人減の1465万人。1000人当たりの出生率は10.48で、現在の形で統計を取り始めた1949年以降で最低だった。

出生数に関する統計は例年2月末に発表されるが、2020年の統計はまだ発表されていない。

中国は2016年に「一人っ子政策」を廃止したが、医療費・教育費・住宅費などの上昇を背景に出生数が低迷。新型コロナウイルスの流行に伴う経済的な不透明感も出生数低迷の一因となっている。

公安省が集計したデータによると、2020年の出生数は前年比15%減の1003万5000人。2019年は1179万人だった。

深センの労働問題専門家によると、公安省のデータには農村部の一部の新生児が含まれていない可能性があり、2020年の出生数は1000万ー1400万人と推計されるという。

同専門家は、来年は1000万人を下回るかもしれないと述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  8. 8

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  9. 9

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。