記事

【特別寄稿】堀江貴文氏「2012年を振り返る」

現在服役中の堀江貴文氏から、BLOGOS編集部にメッセージが届いた。外部との通信は引き続き面会と手紙によるやりとりに限られており、回数や枚数にも制限がある中、2012年の振り返りと、来年に予定されている出所後のプランについても語ってくれた。以下、全文である。【編集部:大谷広太】

--
2012年、私はずっと刑務所にいたのでブログやTwitter、メルマガのプリントアウトと雑誌しか情報源が無かったのですが、Web業界は日本は、やはり一番荒稼ぎしているのはソーシャルで、まあパチンコ業界のシェアの一部を食っているという感じでしょうか。コンプガチャが自主規制されましたが、ガチャの仕組み自体は別方面に進化していっている風で、コレからも情報弱者相手に荒稼ぎを続ける事でしょう。

全世界的に見れば、儲かっているのはスマホ周りとネット広告のグーグル。スマホシフトはまだまだ続きます。他国は日本程はデータ通信が普及してないから。電子書籍も騒がれる程、日本ではブレイクしていない。やはり紙の本の再販制度が残っていて、価格の弾力性に乏しい所が原因でしょう。

違法ダウンロードが規制強化されましたが、日本の著作権サイドはもう少しオープンにネット業界に接した方が良いと思う。Youtubeとか活用して違法アップされた楽曲からも、広告収入を得るオプションをグーグルは用意してんだから、積極的に取り組むべきで2次創作者のパワーも活用すべきだろう。ケチ臭いんだな。

ノマド的働き方も話題になっているが、ま、正直ビビリな人々が多いからそういう働き方をするのは起業する人同様少数派のママの気がしている。

iPS細胞を開発した山中伸弥氏が話題になっているが、彼がクローズアップした問題は研究者の短期的な成果を問われる雇用体制だ。プロスポーツ選手並の成果主義であり、常にプレッシャーと経済問題に晒されている。しかし国家予算に頼るのではなく、一部研究成果の産業化による収益が基礎研究に還流させる為の制度改革、税制等を整備 すべき。アメリカではインテルがスポンサーになって「科学フェア」が大規模に開催されているが、この様な子供を育てるイベントを盛り上げる事も必要だ。

2013年の出所後は、自身のメルマガ、ブログ、Twitterのメディア化を中核として、人類の宇宙フロンティア開発をスピードアップする為のローコストロケットの開発投資の促進、健康に長生きする為の再生医療等の企業化、余暇時間でIT系のビジネスも手掛ける。

■関連記事
堀江貴文氏「2012年は一瞬で終わってほしい感じ」 - 2012年1月1日
ライブドア球団がNGだった真相とは 元取締役が語る「球界裏事情」 - 2011年12月28日
独占インタビュー「結局、世の中を変えるのは技術革新しかない - 2011年5月16日
「人生ゲームのコマ1個進んだな、という感じ」 - 2011年05月10日
【特別寄稿】非常時におけるメディアの役割について - 2011年4月17日

■関連リンク
堀江貴文のブログでは言えない話 - BLOGOSメルマガ

あわせて読みたい

「堀江貴文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  3. 3

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  4. 4

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  9. 9

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  10. 10

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。