記事
  • ロイター
  • 2021年04月19日 10:35 (配信日時 04月19日 10:33)

イタリア公的債務、懸念の必要ない=首相


[ローマ 16日 ロイター] - イタリアのドラギ首相は16日、過去最高水準にある同国の公的債務について、低金利や中央銀行の支援を理由に懸念の必要はないとの認識を示し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で債務の持続可能性に対する市場の見方が変わったと指摘した。

イタリア政府は前日、今年の公的債務の対国内総生産(GDP)比率の予想を戦後最高となる160%に引き上げた。

ドラギ氏はこの水準は「過去の目で見れば非常に憂慮すべき」だが、コロナで全てが変わり、欧州中央銀行(ECB)が国債の発行主体である各国政府や欧州連合(EU)の財政ルール見直しに対する安全策として機能していると説明。

「現在は全く異なる視点で物事が捉えられている。パンデミックによって、多額の債務発生が正当化され、ECBの戦略や(EU当局)の行動が決定付けられるようになった」と述べた。

EUは昨年、域内各国がコロナ禍に対応できるよう、財政規律を定めた安定・成長協定を一時停止した。ドラギ氏は従来の形で同協定を復活させるよう求めている加盟国は存在しないと語った。

イタリアの債務はユーロ圏でギリシャに次いで2番目に高い水準にある。

ドラギ氏は、EU域内では、今後導入が見込まれる新たな財政ルールについて、加盟国の成長率見通しを損なわない形の段階的な債務削減を可能にすべきとの見解でおおむね一致していると指摘。「われわれは債務を拡大してきたし、今後も拡大する」と述べ、「良い債務と悪い債務」には明確な違いがあるとして、借り入れを活用して経済成長をもたらす生産的な投資を行うことが重要だと強調した。

「成長が主要な判断基準になる。各国が、今日発生している債務を最終的に返済するのに十分な成長を果たせるかが問題だ」と続けた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  5. 5

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  6. 6

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  7. 7

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  10. 10

    感染者数はピーク?であって欲しい 4連休で全国拡大

    中村ゆきつぐ

    08月02日 08:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。