記事

松山英樹選手が教えてくれた「今のメイドインジャパン」に足りないもの

1/2

長年の“迷い”を一掃する発言だった

最近、若い日本人アスリートが世界で活躍するケースが目立っている。今回、米ジョージア州オーガスタの“マスターズ・トーナメント”で、松山英樹選手が日本人で初めて優勝したことは多くの感動を人々に与えた。特に注目すべきは、松山選手の「僕が勝ったことで、日本人も変わっていく」との発言だった。

米ジョージア州オーガスタで行われたマスターズゴルフトーナメント終了後、グリーンジャケットを受け取る松山英樹選手
米ジョージア州オーガスタで行われたマスターズゴルフトーナメント終了後、グリーンジャケットを受け取る松山英樹選手 - 写真=Sipa USA/時事通信フォト

1990年代初頭の大規模なバブル崩壊以降、われわれ日本人はややもすると自信を失い、「世界で通用しないのではないか」との思いもあった。しかし、松山選手の発言によって、日本の人々はそうした“迷い”を一掃することに努めるべきだ。

松山選手以外にも、テニスの大坂なおみ選手や、女子ゴルフの渋野日向子選手、米メジャーリーグの大谷翔平選手らの発言には、世界トップレベルに挑戦し、勝とうとする強い意志を感じる。そうした心理がわが国の社会と経済に与える影響は大きい。若手スポーツ選手のように世界に挑戦しようとする人が増えれば、わが国経済のダイナミズムは大きく高まるだろう。

足許、わが国では新型コロナウイルスの変異株の感染が拡大し、先行きに不安を感じる人は多い。その一方で、徐々に世界的な競争力を発揮する日本企業が増えている。工作機械はその代表例だ。それは世界がわが国のモノづくりの力を必要としていることを意味する。そうした企業が若い人や、既成概念にとらわれない人の発想を積極的に取り込み、さらなる成長を目指すことを期待したい。

松山選手が日本社会に与えた“自信”

マスターズ優勝後の記者会見で、グリーンジャケットを着た松山選手は次のように述べた。

「僕がここで勝ったことで、今テレビを見ている子供たちが5年後、10年後にこの舞台に立って、その子たちとトップで争うことができたらすごく幸せ」。その真意は、自分の姿を見た多くの人が、やればできると自信をもってくれるとうれしいということだ。

松山選手の発言には、スポーツだけでなく、あらゆる分野で成長を実現し、自らの目標を実現する(成功する)ための重要なポイントがある。それは、憧れの存在を目指して切磋琢磨し、挑戦を続けることが成長を支えるということだ。それを松山選手はマスターズ優勝という形でわが国に示し、その姿に多くの人が感動した。

愛媛県に生まれた松山選手は、1997年にマスターズ史上最年少優勝を果たしたタイガー・ウッズ選手の姿に感動し、自分もああなりたいと強く思った。それが松山選手の原体験だった。松山選手はタイガー・ウッズ選手のような存在になることを目指して明徳義塾中学・高等学校から東北福祉大学に進学し、ゴルフの腕を磨いた。

強い憧れ、成果による自信が成功を支える

2011年3月11日の東日本大震災の発生は、松山選手に大きな衝撃を与えた。当時、アマチュアゴルフ選手としてマスターズ出場権を手にしていた松山選手は、出場するか否かを迷ったという。周囲からは多くの応援や励ましの言葉が寄せられ、松山選手は出場を決意した。

松山選手にとって世界のトップの大会で勝つことは、自分を支えてくれた多くの人々への恩返しだったのだ。そのために、松山選手は思うように結果が出ない状況にも腐らず地道に練習を積み重ね、今回のマスターズ優勝を実現した。

その影響は非常に大きい。渋野日向子選手がメジャーで勝ちたいとの思いを強くするなど、松山選手の快挙は多くの人に前向きな気持ちをもたらした。松山選手以外にも、サッカー、フィギュアスケートやスノーボードなどでも若手日本人選手が世界で活躍している。彼らの活躍を見ていると、こうなりたいという意識、成果の積み上げによる自信の重要性を痛感する。

スポーツ会場
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Dmytro Aksonov

産業発展に欠かせない“アニマル・スピリット”

わたしたちがスポーツ選手の活躍に胸躍らせるのは、日常にはない情熱や感動があるからだ。その感覚を自ら実現したいという思いを持つ人の挑戦が、さらなる満足感(付加価値)を生み出す。それは、ビジネスや経済にも当てはまる。

経済学の観点から考えた場合、一国の産業が競争力を発揮し、より多くの付加価値を生み出すためには、自己実現や成功にこだわる人々の“アニマル・スピリット”が欠かせない。アニマル・スピリットあふれる環境が、個人や組織の成長を促進し、経済全体での付加価値の創出を支える。

そうした環境の重要性を指摘したものに、米ハーバード大学のラジ・チェティ教授らの研究がある。同教授らの研究では、幼少期にイノベーションに触れる環境が、その子供の後々の成長に大きく影響するとの考察が示されている。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  4. 4

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

  5. 5

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  6. 6

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  7. 7

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    茨城県境町の殺人事件 デマ情報に基づく誹謗中傷が被疑者の同姓男性のもとへ

    岸慶太

    05月12日 14:46

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。