記事

厚労省、行政文書大量廃棄は「業者のミス」ではなかった…ズサンな管理と分かりづらい指示

 老健局の職員23人が送別会を開いていた問題や、「週刊文春」が先週号で報じた職員の自殺未遂事件に続き、厚労省でまたも……。


“23人宴会”を謝罪する田村厚労相 ©共同通信社

 厚労省担当記者が語る。

「医薬・生活衛生局が4月2日、行政文書185件を業者が誤廃棄と公表したのです。資料には、法令改正に伴う決裁文書や質問趣意書に対する答弁書に加えて、審議会委員の氏名、行政訴訟の原告氏名、薬剤師の行政処分歴など個人情報も含まれていた。ただ、厚労省側は全てを溶解処理したため、外部流出の可能性はないとしています」

 誤廃棄された資料は3月下旬、同局総務課のレイアウト変更に伴い、一時的にフロアの廊下に仮置きされていたもの。厚労省が〈廃棄業者は、廊下に待避していた保管書類も廃棄書類と誤認して搬出〉と発表したのを受け、報道でも「廃棄業者が誤って運搬した」などと業者側のミスが強調されていた。だが――。

「実際には、ズサンな文書管理が原因です」

 こう証言するのは、医薬・生活衛生局の職員だ。

「通常レイアウトを変更する際は、段ボール箱に書類を詰め、廊下に『保管書類』と『廃棄書類』を明確に区別して仮置きする。レイアウト変更が終わったら、即座に保管書類を回収するのが“鉄則”です」

 ところが、今回は数日間にわたって廊下に置きっ放しだったために、行き来する人の肩が触れるような状態だったという。

 それだけではない。

職員が廃棄業者に「ココとアチラをお願いします」

「廊下の両端に廃棄書類の段ボール箱約40箱、廊下の真ん中に保管書類の段ボール箱約50箱がうずたかく積まれていましたが、両者が明確に区別されているとは言い難かった。しかも、担当職員の業者に対する指示が曖昧で、しっかりと指差し確認もしていませんでした。にもかかわらず、厚労省は業者側のミスであるかのような発信をしています」(別の職員)

 なぜ、こんなことになったのか。文書管理の責任者である担当課長に聞いた。

――指差し確認などを怠った厚労省のミス?

「廊下の端に立ち、職員が廃棄業者に『ココとアチラをお願いします』と頼んだのですが、廃棄業者は『ココからアチラまで全部捨てるもの』と思い込んだのでしょう。ただ、我々の確認が不十分だったことが原因です。プレスリリースでは、〈指さしながら〉と書かせて頂きましたが、分かりづらかったですかね……」

――段ボールを数日間置きっ放しだった。

「日常業務もこなしながら、保管書類の段ボール箱を回収しなくてはいけなかった。作業が中々進まなかったのは事実です」

 公文書は〈健全な民主主義の根幹を支える〉(公文書管理法第一条)。このことを肝に銘じてほしい。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年4月22日号)

あわせて読みたい

「厚生労働省」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  7. 7

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  8. 8

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  9. 9

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  10. 10

    野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

    ロイター

    05月18日 18:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。