記事

桑田佳祐 「東京五輪応援ソング」披露に込めた、東北復興への思い

桑田佳祐の東北復興への思いは強い

 4月初旬、都内で仕事を終えたシンガーソングライターの桑田佳祐(65才)が、10人以上のスタッフに囲まれて出てきた。アディダスのシルバーのジャージに、コンバースのスニーカーという王道スポーティーファッション。近年は体調も万全で、昨年からの新型コロナウイルス禍でも、サザンオールスターズでのパフォーマンスを含めて、無観客ライブを3回も開催するなど、精力的に活動している。

【写真】車に乗り込んだ桑田佳祐。細い縁のメガネがよく似合う。

 そんな桑田が、3月7日のブルーノート東京での配信ライブ『静かな春の戯れ ~Live in Blue Note Tokyo~』で初歌唱した曲『SMILE~晴れ渡る空のように~』が、密かな話題となっている。

 桑田を知るレコード会社関係者は「この曲は、2020年1月に全国民放114局同時生放送という特別番組で発表された、2020年東京オリンピック民放共同企画『一緒にやろう2020』のテーマソングです」と説明する。

 桑田本人も「新国立競技場が目の前に見えるレコーディングスタジオで、老体にムチ打って頑張ります!」と宣言して、一念発起で制作した力作だ。

 しかし、コロナで五輪は1年延期され、現在でも開催には賛否両論が飛び交う状況。「声高に五輪を応援できない3月上旬に、桑田さんはソロライブでこの歌のフルバージョンを初披露しました」(前出・レコード会社関係者)

 しかも、聖火リレーのスタート日の前日3月24日夜には、日本テレビ系音楽の祭典番組『Premium Music 2021』で、同ライブでの歌唱シーンを全国に公開した。

「タイミングを意図していたかは分かりませんし、五輪の開催の是非を問う意味では無かったと思いますが、『今だからこそみんなで一緒に』という思いは込められていた」と、日本テレビ関係者は話した。

 また、前出のレコード会社関係者は「桑田さんは『コロナに打ち勝つ五輪になりかけているが、今も僕は復興五輪と思っている』と言っています。東日本大震災からの東北復興を念頭に置き続けているのです」とも話す。

 まさに桑田から東北への、国民への、そして五輪出場選手たちへの応援ソングだ。

 この曲がさらなる陽の目を浴びることになるのか。4月に入っても、五輪開催の可否はいまだに出ていない。多くの人の思いがある中で、日本にとっての大きな決断は、もうすぐそこにまで迫っている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  4. 4

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  5. 5

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  6. 6

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  7. 7

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  8. 8

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  9. 9

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  10. 10

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。