記事

【重度訪問介護制度の誤った運用実態〜その1〜『介護保険と併用出来ないというのは市町村の戯言‼️』】


冒頭の写真をご覧ください。
これは岐阜県の某市町村の『障害福祉サービスと介護保険サービスの適用関係マニュアル』の一部です。これを見ると65歳以上で介護保険サービスを受けている人は重度訪問介護は受けられないと記載されています。一方で40~64歳も原則×です。

ALS患者は人工呼吸器をつけると24時間の見守りが必要となります。それは到底介護保険サービスだけでは賄いきれません。にも関わらず市町村に重度訪問介護の利用を認めないマニュアルがある、これは『家族や施設で面倒見れないなら死んでください』と言っているのも同然です。

他方、私は介護保険と重度訪問介護を併用して24時間ヘルパーさんのいる生活を送っています。私は岐阜県岐阜市在住です。同じ岐阜県でもここまで違うのかと唖然としています。

実際に国からも、20190307_障害保健福祉関係主管課長会議資料_自立支援給付と介護保険制度との適用関係、の中で『障害者総合支援法に基づく自立支援給付と介護保険制度との適用関係 については、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための 法律に基づく自立支援給付と介護保険制度との適用関係等について」(平 成 19 年3月 28 日付厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長・障害福祉課長連名通知)で、介護保険サービスが原則優先されることとなるが、サービス内容や機能から、介護保険サービスには相当するものがない 障害福祉サービス固有のものについては、障害福祉サービスに係る介護給付費等を支給することや、障害福祉サービスについて当該市町村において適当と認める支給量が、介護保険サービスのみによって確保することができないものと認められる場合には、介護給付費等を支給することが可能であることなどの取扱いを示すとともに、障害保健福祉関係主管課長会議において適切な運用に努めていただくよう周知してきたところである。

また、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく自立支援給付と介護保険制度の適用関係等に係る留意事項等について」(平成 27 年2月 18 日付事務連絡)において、制度の適切な運用について示しているところであり、障害者の個々の状況に応じた支給決定がなされるよう改めてお願いする。』と記載されています。

ちなみに某市町村のマニュアルにも介護保険と重度訪問介護の併用の記載はありますが、あたかも特例中の特例扱いされており前例はないそうです。

国の『障害者の個々の状況に応じた支給決定がなされるよう改めてお願いする。』という指針に反すると感じるのは私だけでしょうか?

日本ALS協会岐阜県支部長
恩田聖敬

あわせて読みたい

「介護保険」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  4. 4

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

  5. 5

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  6. 6

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  7. 7

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    茨城県境町の殺人事件 デマ情報に基づく誹謗中傷が被疑者の同姓男性のもとへ

    岸慶太

    05月12日 14:46

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。