記事

熊本城に「前代未聞の橋」を造れ! 350メートルの巨大通路…建設までの“知られざる舞台裏” 復興のシンボル・熊本城の今 #2 - 葉上 太郎

1/2

“難攻不落の名城”ゆえに…熊本城の復旧にまだ17年も必要なワケ《加藤清正vs最新技術》 から続く

【写真】この記事の写真を見る(15枚)

 熊本城天守閣の修復工事が終わり、4月26日に内部公開が再開される。だが、本来は20年間にわたる復旧工事の期間中、最終盤になるまで観光客が近づけないはずだった。天守閣の修復が完了しても、城内では他の復旧工事が続けられるので、とても近寄れるような状態ではないのである。

 それなのに、なぜ公開できるのか。

 秘密は「特別見学通路」だ。これを設けたので、天守閣に行けるようになった。


特別見学通路には、石垣が重なった向こうに天守閣が見えるスポットがある

 地味でなんの変哲もない名前だが、現代技術の粋を集めて造った“橋”だ。戦国武将の加藤清正が心血を注いで築城し、難攻不落とされた城の仕掛けを一気に飛び越える構造物である。(全2回の2回目/前編から続く

名城ゆえに被害が大きかった

 城の見学に訪れた時、門を入ってから天守閣に着くまでの道程が意外に大変だったという経験はないだろうか。坂があるだけでなく、石垣で迷路のように区切られて見通せず……。これらは城を防衛するための工夫だ。自軍の大将が陣取る天守閣に、敵を到達させないようにしているのである。

 名城とされた熊本城もそうだった。

 こうした城の構造が、地震では裏目に出た。熊本城の石垣は全体の1割が崩落し、膨らんだり緩んだりしたところも含めると3割が被災した。櫓(やぐら)や門が倒壊した場所もある。そうでなくても通路が狭く区切られているのに、これでは歩くことさえままならない。今もまだ、崩れた石で埋まっている場所もある。

 観光客がけがをしなかったのは、奇跡と言っていいほどだった。2016年4月14日の前震(熊本市は震度6弱)と同16日の本震(同震度6強)が、共に深夜から未明にかけての発災だったのが幸いした。城には警備員しかいなかった。

完全にふさがれていた“唯一の道”

 今年3月まで熊本市役所の熊本城総合事務所に配属され、城の復旧を担当してきた城戸秀一さん(46)は、「あまりにも酷く壊れていました。車も通れない。どうやって直したらいいのか」と頭を抱えた。

 熊本城内の地盤は3層の高さに分かれる。堀の役割を果たしている坪井川を渡ってすぐの第1層。そこから1段あがった第2層。さらに天守閣がある第3層である。

 これらを貫いて車で天守閣にアクセスできるのは、なだらかな行幸(みゆき)坂しかない。1902(明治35)年、明治天皇が訪れた際、深い場所では26尺(約8メートル)もの盛り土をして、急坂を馬車で通れるようにした。天皇行幸(ぎょうこう)を機に、もとは南坂と呼ばれていたのを、行幸坂に変更した。

 その行幸坂は、途中の南大手門の石垣が崩壊して完全にふさがれていた。

 石を回収してコンクリート擁壁を設け、門が倒壊しないよう鉄骨で支えると、かろうじて通れるようになった。さらに天守閣へ向かう城内で車が通れるよう、コンクリート製のスロープを2カ所に設けた。

 これでなんとか天守閣の修復が可能になったが、工事用車両が通るので、観光客は入れない。

 他の天守閣を目指す道は、堀があり、石垣があり、わざと曲げたり、狭めたりしているのに、崩落するなどしていて、とても安全には歩けなかった。

天守閣エリアの公開は「2033年度以降」

 復旧工事が進んでも、城内全体が被災しているため、なかなか通れる場所はなく、天守閣のエリアが公開できるのは、なんと2033年度以降に段階的でしかないと分かった。復旧工事は18年度から37年度までの20年間で計画されているが、その最終盤にならないと観光客は天守閣に近寄れなかったのである。

 熊本市は、市民から「早く直してほしい」という声を受け、また熊本観光には欠かせない存在だったので、天守閣を最優先で修復すると決めたが、これでは完成しても遠くから眺めるだけになる。

 被災から3年半後の19年10月、工事が休みになる日曜日と祝日に限って、行幸坂からの工事道に観光客が入れるようにしたが、これではあまりに制約が大きい。

「いつも天守閣に行けるルートが設けられないか。熊本のシンボルなのだから、20年間も城内に入れなくするようなことはしたくない」。市の担当者の間では「石が落ちてきても安全なように、水族館にあるような透明なドーム状のトンネルが造れないか」などという案も出ていたという。

350メートルの「特別見学通路」を作る

 現実的な案として「特別見学通路」の建設が決められた。地上から5~7メートルの高さに、全長350メートルもの“橋”を造り、石垣などを飛び越えて天守閣に向かおうという、加藤清正も驚きの作戦だ。

 これだと、被災箇所に関係なく城内に入れる。1~3層に分かれた地盤も意識しないでいい。「難攻不落の城の被災」であるがゆえに生じていた問題は全て解決できた。しかも、橋の下に工事車両が通るルートを設ければ、修復作業を止めることもない。むしろ、城内を見学しながら天守閣へ向かう展望デッキとして整備することで、どんな工事をしているか、目の前で見てもらえる。

 ただ、極めて複雑な構造物になってしまった。

 最初に検討したのは、どこを通すかだ。礎石のある場所は避けなければならない。樹木も可能な限り伐らないようにする。石垣は崩落の恐れもあるので距離を取る。攻めにくいよう高低差が設けられている場所は外す。

 選ばれたルートをたどると、まず階段を上がり、アーチ橋で石垣を飛び越えて、第2層目のエリアに入る。カーブを描いたあと、反対側に直角に曲がり、さらにカーブを描く。これは樹木の間を縫い、石垣にぶつからないようにするためだ。もう一つ階段を上がって第3層目に入ると、天守閣のエリアに至る。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  4. 4

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  5. 5

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  8. 8

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  9. 9

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  10. 10

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。