記事
  • ロイター

ラウル氏、キューバ共産党トップ退任表明 カストロ時代に幕


[ハバナ 16日 ロイター] - キューバ共産党トップのラウル・カストロ第1書記(89)は、16日に開幕した党大会で退任を表明し、兄の故フィデル氏の時代から約60年続いた「カストロ時代」が終わることになった。

冒頭の演説で、新たな指導部は数十年の経験を持つ党体制の支持者だとし、「情熱と反帝国主義の精神に満ちている」と述べた。

ラウル氏は2006年にフィデル氏の病気で大統領代行を務め、11年には党トップに就任。キューバの開放に向け社会・経済改革に着手したが、後に失速した。2018年、2州で党を運営し、その後国政に参加した側近のミゲル・ディアスカネル氏に大統領職を譲っていた。

ラウル氏は、トランプ前政権下で米国が再び敵意を示したと反発。バイデン大統領はトランプ氏が科した制裁の一部撤回を表明しているが、ホワイトハウスはこの日、対キューバ政策の転換は最優先の外交課題ではないと述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  2. 2

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  3. 3

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  4. 4

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  7. 7

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  10. 10

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。