記事

「億を稼げる」松岡圭祐が職業としての小説家を勧めるワケ

1/2

作家の仕事は儲かるのか。『小説家になって億を稼ごう』(新潮新書)を出した作家の松岡圭祐さんは「出版不況と呼ばれる状況でも年収億超えの作家が普通にいる。YouTuberよりも小説家のほうが確実に儲かる」という――。

机で本を読む若者※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Masaru123

現実に小説家の富豪は大勢いる

今からYouTuberになって儲けるのは難しいと言われます。一方、同じくひとりで創作に勤しむ「小説家」という職業があります。

出版不況もあり、本が「売れない」「儲からない」という嘆きを、業界内からも耳にします。もはや専業作家など成り立たないとも言われます。文章表現だけを武器に、読者の感情を動かそうとする小説は、時代遅れなのでしょうか。

これは事実ではありません。書店をめぐってみましょう。「○百万部突破!」という帯のなんと多いことか。売り上げ上位の小説家は億単位の年収を稼ぎます。氷山の一角と囁かれがちですが、それはどの業種でも同じではないでしょうか。現実に小説家の富豪は大勢いるのです。

税金抜きで簡単に計算してみます。一冊2000円の単行本なら、50万部で著者に1億円が入ってきます。文庫を年間3冊出した場合でも、最近の文庫は高額ですから、価格800円で印税10%として、それぞれ42万部売れていればよいのです。3作がシリーズであれば、さほど珍しいケースでもありません。

しかも昨今では、紙の本がそこまで売れる必要がないのです。電子書籍の購買者数は年々伸びています。印税率は紙の本より高めであり、15%以上に設定されます。ネット書店で在庫切れを起こさない電子書籍は、昼夜問わず誰かにクリックされるたび、その場でお金を生んでくれます。

対するYouTubeの場合、一回の再生により得られる広告収入を0.05円とし、それだけに限って計算してみると、億を稼ぐには実に20億回の動画再生が必要です。収入を目的とした場合、本の売り上げの方が現実的な数字なのです。

YouTuberより圧倒的に優位

収入面だけではありません。小説家の方が動画配信者より、圧倒的に優位なことがあります。それは広く世間に認められた職業であるという点です。

ベストセラー作家になれば社会的地位が保証され、出版社にも守られます。同じノマドワーカーでも、顔の見えない運営者によるネットの配信サービスに依存するのとは、大きく状況が異なります。

このように書くと「儲けばかりを考えるのか」「作家はストイックであるべきだ」との異論が上がるでしょう。もちろん小説家は、自作の執筆においてストイックでなければなりません。本業を他に持ち、小説で稼ぐことなど考えず、趣味がてら好きなものを執筆していくのも、賞賛に値する生き方のひとつです。

でもそれなら、まず商業的に稼げる小説を書いて専業作家となり、一方で自分の好きな小説も書いてみてはどうでしょうか。作家として出版社からの信用を獲得すれば、あらゆるジャンルの小説を刊行できるようになります。「軽薄な商業作家として名を売ったのでは、本気で書いた小説の発表に支障がある」というのな ら、別のペンネームで刊行すればいいのです。

「年収億超えの作家が普通にいる」

多額の収入は自分の幸せのためばかりではありません。まず家族のためになります。次いで高額の納税による社会貢献につながります。

黒い背景にお金の札束※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Hanasaki

「本当は小説家は儲かる」という事実について、実際に儲かっている当事者らは沈黙を守りがちです。けれども「小説家は儲からない」という風説ばかりが広まると、せっかくの才能ある人々が小説家になるのを断念してしまいます。それは文学全般をつまらなくし、出版不況に拍車をかけてしまいます。

拙書『小説家になって億を稼ごう』(新潮新書)に、筆者の確定申告書を掲載させて頂きました。お恥 ずかしい話ではありましたが、年収億超えの作家が普通にいるとお伝えするにあたっては、判りやすく有意義な方法だったのではないかととらえております。「あんな程度の作家で億を超えられるのか、なら自分も」と思って頂けましたら幸いです。

今の世の中、どなたでも作家業に挑戦して頂けます。人それぞれに個性があり、みな特別な存在です。貴方が紡ぎだした物語は、貴方の性格や経験、知識、嗜好などが結合した、けっして他人には想像しえないものになります。面白くないはずがありません。

実は選択肢が色々……小説を出版する方法

小説を書き上げても「出版の当てがない」と思われるかもしれません。新人賞公募は高嶺の花ですし、比類なきエリートコースですが、もし傑作と自負できる小説が書けた場合、是非応募すべきでしょう。

他にも「小説家になろう」「カクヨム」など、小説投稿サイトで上位にランクされる方法もあります。とはいえ、いずれも狭き門であることは変わりません。

しかし最初から自分の作品を、広く世に問いたい場合もあるでしょう。

自費出版は止めも勧めもしませんが、儲かる作家になるつもりなら関わる必要はありません。数百万円を払ったところで、本当に出版社が商業出版としてデビューさせてくれるレベルの営業・流通・宣伝・販売は期待できません。書店での平積みなど夢のまた夢、いちおう棚差しで一冊置かれたという結果が待つのみです。

出版社は商品である書籍を段ボール箱に詰め、取次を経て書店に送るのですが、自費出版の場合、この段ボール箱の梱包すら解かれることなく返送されたりします。書店の棚は常にいっぱいで、売れる見込みのない本まで並べきれないからです。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  6. 6

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  7. 7

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  10. 10

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。