記事

小倉ゆうか、ラジオ番組降板の騒動に「すごく反省。信頼を取り戻せるように頑張っていきたい」と決意

 タレントの小倉ゆうか(22)が15日、インスタライブを配信し、近況を報告した。

【映像】小倉ゆうか、公式HPの立ち上げや中国版動画サイトの公開開始を発表

 小倉は13日、Twitterにて「小倉優香」から「小倉ゆうか」への改名と、所属事務所の退所を発表。去年7月、レギュラー出演していたラジオの番組での生放送中に「朝早く起きて夜早く寝るという生活がつらくなったので、ラジオをやめたいと事務所に言ったんですけれど、やめさせてくれない」と、降板を直訴する騒動を起こしていた。

 配信したインスタライブにて、小倉は「いろんなご質問があると思うんですけれど、ラジオのことに関しては詳しくお話しすることができません。ご理解ください。 ただ自分のしたことにはすごく反省しています。強い意志を持っているってとこは、自分の大好きなところだったのですが、その強い意志の伝え方はこれからしっかりと学んでいきたいと思っています。

これからファンの方や、お仕事をする方の信頼を取り戻せるように頑張っていきたいと思います。見ていてください」とファンに向けてメッセージを送った。続けて、「規則正しい生活と、あとはお弁当を食べる機会が減ったので、野菜を自分で意図的に多く食べたりとか、健康的な食事が出来たことが(体型を)維持できた秘訣かなと思います」と、現在は望み通りの生活を送っていることを明かした。

 さらに、公式ホームページを立ち上げたことや、中国版の動画サイトの公開を開始したことも発表。小倉は、「3~4年くらい中国語を勉強していたので、中国語を使って仕事をしたいなとずっと思っていて、中国版のTikTokの『Douyin』と中国版のYoutubeのような『bilibili』というものを始めましたので、日本の方はDouyin(ドウイン)は見れないけど、『bilibili』は見られるので、ぜひそちらを見てください」と、得意の中国語を披露しつつ、ファンに向けて呼び掛けた。

 一方、一部メディアでささやかれているウワサについて、小倉は「たくさんあったコメントがあって、それに対してちょっと言っておきたいことがありまして…『アダルトビデオに出るの?』という人が多かったのですが、200%出ません。すみません、ご期待しないで下さい」と、自分の言葉で説明した。
(ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

>▶︎映像:小倉ゆうか、公式HPの立ち上げや中国版動画サイトの公開開始を発表「3~4年くらい中国語を勉強していた」

あわせて読みたい

「小倉優香」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  2. 2

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  3. 3

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

  6. 6

    使わない人も知っておきたい、自衛のためのApple「AirTag」の基礎知識 - 山口 真弘

    文春オンライン

    05月15日 12:18

  7. 7

    ガザ地区の友人から届いたメール「地獄と同じ。なす術も行くあてもない」

    田中龍作

    05月15日 09:35

  8. 8

    焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

    ロイター

    05月14日 19:07

  9. 9

    新型コロナワクチン接種進むハワイ、米本土観光客は例年並みに

    WEDGE Infinity

    05月15日 11:54

  10. 10

    脱ガソリン車宣言のホンダ 道筋が見えず「去るも地獄、残るも地獄」か

    片山 修

    05月15日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。