記事

ホームレス自立支援の現状は…

ホームレス(野宿生活者)の自立支援を目的とした10年間の時限立法である「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」(以下、ホームレス自立支援法)の施行から10年。各地で就労支援などに関する取り組みが広がる一方、高齢化に加え、若年化という新たな問題も浮き彫りになっている。同法の5年間の延長が決定し、一層の支援強化が期待される中、自立支援の現状と課題を探った。

「ほんまに助かるわ!」
特別清掃事業 “生きがいの場”の役割果たす
大阪市西成区あいりん地区

画像を見る日本最大の日雇い労働者の町、大阪市西成区の「あいりん地区」。地区の至る所で、清掃活動に黙々と励む高齢者の姿があった。グループごとにほうきで落ち葉を掃き、不法投棄された大量のごみ袋をリヤカーに次々と積み込んでいく高齢者たち。これは、同区でホームレス支援に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)「釜ヶ崎支援機構」が府・市から委託を受け実施している特別清掃事業(特掃)の様子だ。

特掃は、地区内の55歳以上の高齢日雇い労働者を対象に就労機会を提供する事業で、道路清掃や草刈り、保育所遊具のペンキ塗りなどの作業を実施している。輪番登録制で登録者は1550人。作業日数は1人当たり月5回で、日給は5700円だ。

「ほんまに助かるわ!」。清掃を終えた男性(68)はすがすがしい表情でこう語る。特掃に参加して5年半。普段は、同NPOが市から委託を受けて運営する「シェルター」(緊急的な一時宿泊所)で生活しているが、「お金が入ったら、簡易宿泊所に泊まるつもりや」と言って笑顔を見せた。

画像を見る一方、簡易宿泊所で寝泊まりしながら、年金と特掃の収入で生活する男性(67)は、「NPOの職員も良い人ばかり。こうやって少しでも働いて体を動かして、みんなと話せるのは良いことだよ」と語る。特掃は、まさに“生きがいの場”としての役割を果たしていた。
「働くことで社会参加する。それが社会の一員としてベターだし、健康的で人間的な生活が送れる」。同NPOの山田實理事長は、就労による自立支援の重要性をこう強調する。また同NPOでは「大事なことは、ただ働くだけではなく、健康面も支えて自立した生活ができるかどうか」だとして、登録者の健康診断も実施している。毎朝血圧を測る習慣がついた登録者もいて、健康管理の意識も向上しているという。

そして、山田理事長は「ホームレスに限らず、スキル(技能)が高くないと雇用されない時代になっている。結果として、高齢者や無技能者などが吐き出されていく」と厳しい現状を指摘すると同時に、「根本的な自立支援のため、今後は、そうした人も対応できる新しい雇用の仕組みが必要だ」と強調していた。

1万人切ったホームレス数
高齢化や若年化 新たな課題も浮き彫りに


安定した雇用の場の確保やホームレス化の防止といった、ホームレスの自立の支援などに係る総合的な施策の策定と実施に関する国の責務を明確にしたホームレス自立支援法は、2002年に10年間の時限立法として成立。今年8月に期限切れの予定だったが、継続支援が必要との認識から5年間の延長が決定した。

この間、全国のホームレス数は減少を続け、厚生労働省の概数調査では9576人(今年1月現在)となり、1万人を切った。減少理由については、同法に基づき、各自治体ごとにシェルターや、一定期間入所して就労による自立をめざす「ホームレス自立支援センター」の設置が進んだほか、釜ヶ崎支援機構など民間支援団体の取り組みが「一定の効果を挙げた」(同省社会・援護局の金子雄一郎課長補佐)と分析している。

画像を見る総数が減少する一方、同省の生活実態調査によれば、60歳以上が5割超を占めるなど高齢化が進んでいる【グラフ参照】。また、派遣切りなどをきっかけとした“若年化”も新たな課題として浮上している。路上生活に至らないまでも、ネットカフェ難民や知人宅を転々とするケースもある。

加えて、ホームレスの気質変化も浮き彫りになっている。西成区にある「自立支援センター西成」の担当者は「若年層の中には、仕事に対する執着がなかったり、人間関係を形成するのが苦手な利用者も見受けられる」と語る。同センターには現在34人が入所して自立に向けて努力しているが、「今後は若年層や気質の変化への対応が求められる」と指摘する。

今後、同法延長と合わせ、生活実態調査も参考に基本方針の見直しを進めることとしており、金子課長補佐は「引き続き支援策を推進していきたい」と語っている。

公明、ホームレス支援を一貫してリード

公明党は、他党に先駆け国会で初めてホームレス問題を取り上げるなど一貫して支援策の推進に取り組んできた。

ホームレス自立支援法についても、党内にプロジェクトチーム(PT)を立ち上げて検討を実施。法案作成段階から中心的な役割を果たすなど、制定を力強くリードしてきた。また、今年8月に同法の期限を迎えるに当たり、再び、党内にホームレス自立支援PT(佐藤茂樹座長=衆院議員)を立ち上げ、関係団体と今後の支援の在り方について意見交換を重ねるなど、同法延長に向け尽力してきた。

あわせて読みたい

「ホームレス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  4. 4

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    「体育会系」は自己啓発好き?牧野智和氏に聞く、スポーツと自己啓発が結びつく理由

    山本ぽてと

    05月05日 11:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。