記事

両院議員総会党幹部あいさつ(要旨)

公明の存在意義示す
チーム力発揮し政策遂行

山口代表


衆院選を経て衆院議員は31人の陣容になった。厚みが増し、幅が広がったと実感する。総力を挙げて、団結で勝ち抜くことができたことにあらためて御礼と感謝を申し上げます。
自民、公明両党は昨日(25日)、連立政権協議を行い、日本再建に向けて4年間の任期で政府が成し遂げなければならない8項目で合意した。併せて立法府の課題として選挙制度改革、憲法審査会での議論を進めることも確認した。

われわれは衆院選の結果を虚心に謙虚に受け止めなければならない。小選挙区の得票率で(自公両党は)過半数に届いていない。選挙制度の問題や、「第三極」が結束できなかった要素があるが、国民の中に多様な民意があることを重々受け止め、政権運営に取り組みたい。特に参院は衆院選を経ても、自公両党で過半数を確保していない情勢は変わっていない。このことを心得た上で衆院、参院が連携して今後の国会運営に臨み、国民の期待に応える成果を出していきたい。

連立政権の使命は景気・経済を勢いのあるものにし、東日本大震災の被災地の復興を加速化することだ。社会保障と税の一体改革は、民主党を含む3党合意であり、3党が責任を持って課題に取り組まなければならない。消費税の制度設計では、低所得者対策に軽減税率(複数税率)をきちんと位置付けていかなければならない。

世の中は連立政権がどう役目を果たし、期待に応えていくのかを固唾をのんで見守っている。国民だけではなく、国際社会、特に近隣諸国もそうした目で見ていることを肝に銘じていかねばならない。内外に納得が得られる成果をつくり出すために全力を挙げて頑張りたい。

わが党は2014年に結党50年の歴史的な節目を迎える。前回の衆院選で下野して3年3カ月、公明党の政党しての原点、立党精神を確認し、長い歴史の中で築き上げた得意な政策分野、新たに獲得した視野を磨くことに努力してきた。他党にはないわが党の特長である地方議員を含めたネットワークを生かし、チームとして政策を実行する力も磨いてきた。これからも公明党の独自の存在意義を遺憾なく発揮していかなければならない。

来年は年明けから統一外地方選があり、夏には東京都議選、参院選がある。特に参院選は、政治を安定させて果断な政策遂行をするため、与党で勝ち抜かなければならない。一つ一つのステップを勝ち抜き、結党50年を迎えていきたい。

被災地 住宅再建に本格対応
井上幹事長

衆院選で31議席を得て、前回失った議席を回復することができた。われわれは党員、支持者の皆さまから頂いた真心からの支援を、夢にも忘れてはならない。

公明党は政権与党の一翼を担うことになる。政府・与党一体となって、日本再建やさまざまな国民との約束を実現しなければならない。「結果を出す政治」を常に考えながら闘いを開始したい。

連立政権合意では、東日本大震災からの復興、福島の再生を一番最初に掲げている。

震災から1年9カ月が過ぎたが、いまだに30万人を超す方々が仮設住宅などで避難生活を送り、福島では約16万人、そのうち約6万人が県外での避難生活を強いられている。福島の再生、東北の復興なくして日本の再建はない。

2度目の冬を迎えた被災地を回ると、住宅再建が一番の課題だ。自立再建や集団移転などはまだ緒に就いたばかりで、被災者に寄り添ったキメ細かな対応が本格的に求められる。

景気・経済対策では、円高・デフレ対策が最大の課題だ。政権合意の中に、公明党の主張で地域経済、中小企業対策にしっかり目を配るということを入れた。これから補正予算、来年度予算が編成されていくが、そうした皆さんの思いに応える政策を盛り込んでいく。

今回の選挙では、政党のあり方が問われた。地域の声、国民の声を実現できる政党が一番求められていることを実感した。地方議員、党員、支持者の皆さまと連携を取り、そのネットワークを生かし、声を実現できる政党としての本領を発揮していかないといけない。

衆参の“ねじれ”はまったく変わっていない。今まで以上に与野党の合意形成が大事だ。公明党はその役割を積極的に果たしていかないといけない。日本が置かれた状況は非常に厳しいものがあるが、内政・外交にわたってそう大きな(政策)選択の幅がないので、しっかり協議し努力をしていけば、合意形成はできると確信している。山口代表の下にしっかり団結して、日本再建の役割を果たしていく。

あわせて読みたい

「公明党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  7. 7

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  8. 8

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  9. 9

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

  10. 10

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。