記事

「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在 - ジャンヤー宇都

1/2

 外出自粛が国策とされた2020年は、まさしく“テレワーク元年”であった。都市部の大企業を中心に在宅勤務が普及し、書斎や茶の間が「ホームオフィス」に姿を変えた。新型コロナウイルスにまつわるニュースはどれもつらいが、通勤地獄からの解放に限っては、喜んでいる人が相当数いてもおかしくない。

【写真】この記事の写真を見る(7枚)

 しかしテレワークには泣き所もある。WordやExcelの操作が思うように行かないときに、一昔前なら「パソコンに詳しい△△課の◯◯さん」に見てもらえばよかったところ、テレワーク環境ではそうもいかないのだ。そもそも在宅勤務自体にパソコンが必須であり、デジタルに弱い人は苦労が多いこととしのばれる。

 もしもパソコン自体がパソコンの操作を教えてくれたら助かるのだが、それもなかなかうまくはいかないようだ。かかる試みの“失敗例”として思い浮かぶのは、青くてかわいいイルカの姿である。

スマホ世代も知っている「カイル君」

 かつてMicrosoft Officeの画面上には、「カイル君」というイルカがいた。

 作り始めた書類といえば真っ白なのが相場だが、カイル君の身体は青いから、画面上でひときわ目を引いた。いつも大きなフキダシを背負っていて、「何について調べますか?」と健気にサポートを試みる。

 しかしこちらの質問に的確な答えを返してくれることは稀で、ほとんど役に立たない“ダメイルカ”だった。ある頃にはカイル君に「お前を消す方法」を尋ねる画像が拡散し、ネットミーム(流行現象)にもなった。やはりというか、ほとんどのユーザーから「邪魔だ」と思われていたのだろう。



デスクトップにカイル君がいる場合、四角いグレーのダイアログは表示されず、かわりにカイル君が話しかけてくる。かわいいが、特に便利ではなかった。

 そんなカイル君の略歴をたどると、1997年の「Office 97」でデビュー。続く「Office 2000」でも可憐な姿をアピールしたが、その後の「Office XP」では初期設定でオフにされ、最終的には「Office 2007」で廃止されてしまった。だから最新の「Office 2019」では、書類を背景に泳ぎ回るカイル君の姿を拝むことはできない。

 そうなると、スマホで育った若者たちは“Officeのイルカ”を知らないはずである。そこで今回は、ジェネレーションギャップの実感を求めて、就活中の学生や就職したてのフレッシュ世代に「Officeのイルカって知ってる?」と尋ねて回った(いい迷惑である)。

 ところが答えは意外なもので、20代でも5人中4人がカイル君のことを認知していた。「お前を消す方法」の画像がやはり有名で、彼らもこれを知っていたようである。

 さすがはネット世界にさといスマホ世代だ。

「Excelの達人」も頼ったカイル君

 Excelには“達人”と呼ばれる使い手がいるが、表計算の熟練者でもカイル君には苦い思い出があるようだ。Excelを使ってレトロゲームを再現している「パパセンセイ」氏に、カイル君の話を訊くと……。

「カイル君と出会ったのは、PCを始めたばかりで、Excelの使い方もほとんど知らなかった頃です。わからないことがあったときにカイル君を頼ったこともありますが、欲しい情報が返ってくることはほとんどなくて、ただただ邪魔な存在だったことを覚えています」(パパセンセイ氏)

 ちなみに、彼の製作した動画では、RPGの敵キャラとしてカイル君が出演。「何について調べますか?」というセリフはここでも健在だ。

 しかしこのカイル君は強い。「怒涛のセル結合」や「外部リンクが見つからない呪い」など、Excel使いを絶望させる攻撃を放ってくるイルカを前にして、勇者ら4人組は全滅という最期を遂げている。Excelに詳しい人ならクスッとくる内容ではなかろうか。

カイル君には仲間がいた!

 グラフィカルなインターフェースでユーザー支援を目指した「Officeアシスタント」機能。日本ではカイル君がデフォルトに設定されていたが、Officeアシスタントは実はチームになっていて、その中からひとりを選択することができた。

 しかしカイル君以外のキャラクターを選ぶユーザーは少なく、記憶にも残らなかった。カタコトで話すロボット「F1」、眠たげな魔法使いの「マーリン」、ネコの「ミミー」やイヌの「ロッキー」、さらには「孫悟空」まで複数のキャラクターがいたが、どれもデザインに洗練を欠いている。投げやりな「Office ロゴ」は極めつけといえる。こうして並べて見ると、カイル君の“主役感”が際立つ。

 そんなダメンズを差し置いて、可愛らしいのが「冴子先生」だ。秘書にも教師にも見える清楚な女性で、バーチャルアシスタントとしては「王道」のキャラクターデザインである(昨今は性役割の見直しも進んでいるが)。Officeアシスタント廃止後も、Office 2010の発売にあたって、冴子先生のコスプレをした美女がプロモーションを務める一幕があった。

 実は筆者も、Office 2000を使っていた当時は、この冴子先生を選択していた。全然役に立たないのも、邪魔なのもカイル君と一緒だったが、それでも年上美女の冴子先生は、デスクトップにおける一服の清涼剤だった。

 なお、後述する「Clippit君」は英語版でデフォルトのOfficeアシスタントだったが、日本語版でもこれを選択できた。人気はまったくなかったが……。

あわせて読みたい

「Office」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  2. 2

    「人権派弁護士」が牙をむく時。正義感の暴走、池江璃花子選手への中傷は異常だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月10日 09:51

  3. 3

    菅首相はオリンピックファースト?レッテル貼りで責め立てる野党に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    05月11日 08:24

  4. 4

    コロナ感染者増加の主因は街の「人流」ではなく、PCR検査への「人流」

    自由人

    05月10日 08:22

  5. 5

    国の反論は「性風俗は不健全」 デリヘル給付金訴訟の原告が法廷で語った思い

    小林ゆうこ

    05月10日 19:56

  6. 6

    日本の音楽シーンは宝の山 70~80年代シティポップが世界でブーム

    NEWSポストセブン

    05月10日 18:15

  7. 7

    五輪開催是非について、口を開き始めたアスリートたち

    諌山裕

    05月10日 15:51

  8. 8

    選手団の行動制限、セレモニーの簡素化…感染防止策の徹底で東京五輪は開催できる

    船田元

    05月10日 12:10

  9. 9

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  10. 10

    「結婚=幸福」という同調圧力 - 山口真由

    幻冬舎plus

    05月10日 08:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。