記事

とりあえず安倍晋三は、はじめから無理をするつもりはなさそうだ

政治の記事はしばらくお休みなんて書きましたが、安倍が首相になったので、ご祝儀記事を書きます。ネットで見つけた面白い記事です。古い記事ですが…。

>竹島の日、政府式典見送り 安倍氏方針
朝日新聞デジタル 12月21日(金)4時34分配信

 自民党の安倍晋三総裁は、竹島を日本に編入した日にあたる来年2月22日に政府主催の式典を開くのは見送る方針を固めた。自民党の衆院選の政策集では政府主催の式典実施を明記していたが、竹島問題で悪化した日韓関係の修復を重視し、首相就任早々に開催する必要はないと判断した。

 安倍氏はまた、韓国大統領選での朴槿恵(パククネ)氏の当選を受け、日韓議員連盟幹事長の額賀福志郎元財務相を総裁の特使として21日にも韓国に派遣する。額賀氏は朴氏に、「両国は戦略的利益を共有する」として早期の首脳会談を呼びかける安倍氏の親書を渡す予定。

 2月22日は島根県が「竹島の日」として毎年式典を開催。朴氏側は日本政府主催となるのを懸念し、実施されれば同月25日の大統領就任式への首相招待は困難との見方が強かった。

こちらも。

>政府主催に慎重姿勢 「竹島の日」で自民・石破氏「日韓関係悪化で喜ぶのはどこか考えるべき」
2012.12.21 10:34

自民党の石破幹事長
 自民党の石破茂幹事長は21日午前のTBS番組で、党の公約に基づいて来年2月22日に政府主催で「竹島の日」式典を開催することに慎重な考えを示した。「北東アジア地域の安全保障環境に良いことかという判断をしなければならない。日韓関係が悪化して喜ぶのはどこかを考える必要がある」と述べた。

 同時に「いつ、どういう環境が整えば実施するかは新政権で考えなければならない」とも述べ、長期的な視点で実現を目指す意向も強調した。

 自民党は衆院選公約で、島根県が制定した2月22日の「竹島の日」に政府主催の式典を開くと明記。連立を組む公明党は慎重な判断を求めている。

だいたい予想通りの対応ですね。こんなことで無理をしても日本に得るところなしと自民党も安倍晋三も判断したということでしょう。それは当然なことです。安倍が内心どう考えているのかは知りませんが、安倍と自民党のこの決定を私は(当然の決定だとは思いますが)支持します。

上の産経新聞の記事で自民党幹事長の石破が

>日韓関係が悪化して喜ぶのはどこかを考える必要がある

とのことで、これは中国や北朝鮮を意識しているのかな? ともかくそれはそうです。とくに中国と日本が悪い関係でい続けるなんて論外ですが、対外国の関係を悪化させていいことなどありはしません。

>同時に「いつ、どういう環境が整えば実施するかは新政権で考えなければならない」とも述べ、長期的な視点で実現を目指す意向も強調した。

主観的にはともかく、なかなか実現は難しいんじゃないんですかね。この件で韓国が妥協してくるとは思えませんし。関係悪化を覚悟の上で日本政府が式典を催行するというのは、そうとうな覚悟を必要としませんかね。そこまでこの件は、固執するものかと思います。これは政治家の判断次第ですが、決して容易じゃないでしょう。石破の発言も、本気の発言ではなくたぶんに建前のものではありませんかね。

で、個人的な意見を言いますと、やはり安倍は、少なくとも対外関係においては、あまり最初から無理はしないという方針でいるようですね。安倍も韓国大統領も、いうまでもなく政権に就いたばかりの時点ですから、そのような段階で突っ張っても自分にプラスにならずマイナスであるという判断なのでしょう。それはまことに妥当な判断だと思います。

前に阿比留瑠比氏がテレビでそのようなコメントをしていた(この記事の写真を参照してください。番組名は不明)ように、安倍は前政権時に6年間自民党総裁(=首相)でいるつもりだったようです。当時の彼にそれだけの力量はないし、正直今回彼がそのような長い期間自民党のトップでいられるとは私は思いませんが、しかし1年で辞任した屈辱を彼は忘れていませんから、ともかくは無理はしないという姿勢でいくのでしょうね。で、途中でギアを変える・・・という気なのでしょう。

私個人は、そのような彼の目論見は想像以上に難しいんじゃないかと思いますが、でもそれが政権を維持し自分のしたいことをするいちばんいい方法ですからね。それ以外に彼はとる方法がありません。そうすると、次は中国との関係改善をどうするかでしょうか。どっちみち彼はそれをしないわけにはいきません。どういうアプローチでそれを仕掛けてくるか、私なりに注目していきたいと思います。

いずれにせよとくに外政面でそんなに強硬な態度をとるというのは、安倍にとって得ではありませんね。民主党政権時に日韓、日中関係が悪化したということは、それを改善することによって安倍にとってプラスになるわけで、そういったことを強硬策で無にするというのは安倍にとってもあまり妥当な態度じゃないでしょう。もっとも前にも書きましたように、私は「改憲」はともかく「反中」なんて安倍にとってはどうでもよく、単に彼を支持する右翼におもねっているだけだと考えています。

私の考えが正しいかどうかはともかく、産経新聞とか「国家基本問題研究所」とかいうところからするとこの安倍の態度は「弱腰」「妥協」「もっと毅然とした態度を」というものでしょう。安倍晋三に徹底的に甘い彼らがどのような態度をとるかも、なかなか興味深いものがあります。これも要確認です。

あわせて読みたい

「第2次安倍改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  4. 4

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  5. 5

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  6. 6

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  7. 7

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  8. 8

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  9. 9

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

  10. 10

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。