記事

【読書感想】なんで家族を続けるの?

1/2
なんで家族を続けるの? (文春新書 1303)
  • 作者:内田 也哉子,中野 信子
  • 発売日: 2021/03/18
  • メディア: 新書









Kindle版もあります。

なんで家族を続けるの? (文春新書)
  • 作者:内田 也哉子,中野 信子
  • 発売日: 2021/03/18
  • メディア: Kindle版

『週刊文春WOMAN』大反響連載がついに一冊に!
私たちは“普通じゃない家族”の子だった―

樹木希林と内田裕也の娘として生まれ、家族団欒を知らずに育った内田也哉子。自身は19歳で結婚、三児の母として家族を最優先に生きてきた。一方、中野信子は巨大なブラックホールを抱えてきた。その原点は両親の不和の記憶だった。

「樹木希林の結婚生活は生物学的にはノーマル?」
「血のつながりは大事なのか」
「貞操観念はたかが150年の倫理観」
「知性は母から、情動は父から受け継ぐ」
「幸せすぎて離婚した希林がカオスな裕也にこだわった理由」
「幼くして家庭の外に飛ばされた私たちは」
「脳が子育てに適した状態になるのは40代」
「私は「おじさん」になりたかった」
「惰性で夫婦でいるのがしっくりくる」ほか

幼い頃から家族に苦しんだ二人は、なぜ、それでも家庭を築いたのか?
家族に苦しむすべての人に贈る、経験的家族論!

 最近の本やネットなどで語られる、さまざまな家族をみていると、世の中には「インスタ映え」するような「理想の家族」か、「毒親」に支配されて傷つき、家族というものに絶望している人の両極端しかいないのだろうか、なんて気がしてくるのです。

 福原愛さんのスキャンダルなどをみていると、「まあ、『理想の家族』なんて、一皮むけばこんなものだよな」と僕は思いましたし、ああいうのをみて、ちょっと安心してしまうところもあるんですよね。

 「仕事より家族が大事」なんて価値観が世の中で語られることが多くなった一方で、より重視されているはずの家族の関係は、どんどん難しくなってきているようにも感じます。

fujipon.hatenablog.com

 そもそも、個人が「自分の幸せ」を追い求めれば、それが「家族の他のメンバーにとっての幸せ」と相反することは珍しくないのです。

 この本、内田也哉子さんと中野信子さんの対談なのですが、内田也哉子さんは、内田裕也さんと樹木希林さんの娘であり、ある意味、「日本有数の複雑な家庭環境で育った人」ですよね。樹木希林さんは、内田裕也さんと電撃的に結婚して、その数カ月後には別居。その後も生涯別居婚を続けました。内田裕也さんから離婚調停も起こされましたが、希林さんは拒否したのです。

 まさに「なんで家族を続けたの?」です……それでもつながりを断ち切りたくなかったのか、何かの復讐だったのか……

 とはいえ、樹木希林さん、内田裕也さんが亡くなってみると、なんだかこれはこれで「夫婦」であり、内田也哉子さんも含めて「家族」だったんだなあ、という気もしてくるのです。

内田也哉子:今日は「家族」がテーマなんですけど、家族の始まりというのは、一応子どもをつくるという意味では男と女。それが夫婦となって、夫と妻。そして子どもができたらお父さん、お母さん。まず中野さんにお聞きしたかったのは、家族における父親と母オタの、脳科学的な本来の役割というのはあるんですか?

中野信子:ないでしょうね。

内田:あっさり!(笑) じゃあ、どんなカタチの父親、母親であっても間違いではないというか。

中野:そうなんです。社会が大きく変わっても柔軟に適応して、どんな環境になっても子は育つようです。ただ、私たちは社会通念というものをそれなりの年月をかけて学んできてしまうので、マジョリティとされている考え方を「これが正しいんじゃないかな」と蓋然性を持って学習してしまうと、それに照らし合わせて、どれだけ外れているか・外れていないかで、「自分は間違っている気がする」という感覚を持ってしまうことはあるんです。でも、どんなカタチの父親、母親であっても、特に生物学的に誤りということはないんです。

 僕は正直、中野信子さんがあまりに多くの本を出し、メディアに露出しておられるのをみて、「この人は本当に脳科学者なのだろうか?」あるいは、「バラエティ番組で都合のいいように使われている『疑似脳科学』みたいなものをばらまいているだけではないのか?」とも感じています。「どんなカタチの父親、母親であっても、特に生物学的に誤りではない」というのは、あんまり脳科学は関係ない気がしますし。

あわせて読みたい

「家族」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  4. 4

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  5. 5

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  6. 6

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  7. 7

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  10. 10

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。