記事
  • mkubo1
  • 2012年12月26日 18:49

安倍内閣誕生

安倍内閣が誕生しました。

ニュース解説をきいていると、守備固め内閣で、参院選までは、失点ゼロで行こうという強固な布陣だとか。

言われてみれば、そんな気がします。

確かに、奇抜さはなく、バランスもよいのでしょうね。

奇抜と言えば、内閣でなく、党人事で、総務会長に野田聖子さん、政調会長に高市早苗さんを抜擢したのは、女性登用ということであれば、理解できるのですが、かなり驚きでした。

何だか、党主導ではなく、政府主導、もっと言えば、官邸主導で、やっていくという戦略(安倍首相のリーダーシップ)なのかもしれません。

(外交は明らかに官邸主導になるのでしょうね)

テレビを見ていて、アベノミクスについて、評論家(森永卓郎さんと小幡績さん)が、あーだこーだを言っていましたが、共通しているのは、インフレ率が上がるということは、所得の低い人の生活が苦しくなるということですね。

森永さんは、何もしなければ、野垂れ死ぬだけだなので、インタゲ2%にした方がいいのだが、インフレ率の上昇は、後遺症もありますよってことを言っていました。

わかっている人は分かっているのです。

ともかく、将来の後遺症はともかく、金融緩和するので、当面は資産価格が上がりやすくなりますね。

特に、流動性のある株式などは、上がるのでしょう。

というか、すでに、大きく上がっています。

今日など、昔風に言えばご祝儀相場なのでしょうね。

もう、そろそろとは思いますが、そういい続けて外していますので、気にしないでください。

円についても、同様で、どんどん円安になります。

石破幹事長の言っていた85円から90円というレンジに入ってきましたね。

「あっ」という間でした。

いやいや、マーケットは、本当に動きが早いですね。

(私がのろまなのかもしれませんが)

この早い動きを予想できた人は、多くはないのでしょうね。

知り合いのHFも付いていくだけと言っていました。

そんなものです。

それにしても、解せないのは、民主党。

致命的な負けの後、比例復活の海江田さんが、党首とは、人材不足というか、やる気がないというかね。

(別に海江田さんが悪いというわけではないのですが)

他の方は、いったい、何をやっているのでしょうか。

岡田さん、玄葉さん、古川さん、細野さん、立候補しなければね。

「野党の党首になってもな~」ってことなのか、やはり、こんな状況では、(大先輩も言っていましたが)消えてなくなるかもですね。

笑えたのは、亀井さん、早速の離党の意向を固めたようです。

時代が変わろうとしているのかもしれませんね。

あわせて読みたい

「第2次安倍改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  5. 5

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  6. 6

    「奨学金はチャラ、消費税は廃止」れいわ新選組・山本太郎代表

    ABEMA TIMES

    10月23日 11:18

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    飲食店のネット予約数が大幅増 コロナ流行前の水準に回復

    ABEMA TIMES

    10月23日 16:47

  9. 9

    長期的に安定している日本の政治 カギは「与党内野党」の役割を担ってきた公明党

    WEB第三文明

    10月23日 14:36

  10. 10

    Uber配達員に優しいインド料理店 ラッシーを奢ってくれる店も

    キャリコネニュース

    10月23日 10:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。