記事
  • ロイター

米、ロシア外交官10人追放 大統領選介入やサイバー攻撃で制裁


[ワシントン/モスクワ 15日 ロイター] - 米政府は15日、ロシアによる昨年の米大統領選への介入やサイバー攻撃など「悪質」な活動に対する報復として、包括的な制裁措置を発動した。

米財務省は、昨年の大統領選への介入に絡み32団体・個人を制裁対象に指定。さらに、2014年のウクライナ南部クリミア半島編入とその後の抑圧に関与した8団体・個人にも制裁を加えた。

これに合わせて、バイデン大統領はロシア経済のあらゆる部門に制裁を科す大統領令に署名。米国の金融機関は6月14日以降、発行市場においてルーブル建てロシア国債の取引が禁止される。一方、流通市場での取引は禁止対象に含まれない。

この他、ホワイトハウスは、米政府機関に対するサイバー攻撃にロシア対外情報局(SVR)が関与したと断定。情報当局者を含め外交官10人を国外追放すると発表した。

サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)はCNNテレビのインタビューで、今回の制裁が「ロシアの有害な行動から米国の利益を守るための措置」であると説明。同時に「バイデン大統領の目的は重要かつ信頼ある対応を提供することであり、状況をエスカレートさせることではない」と述べた。

ホワイトハウスのサキ大統領報道官も「われわれの目的は状況をエスカレートさせることではなく、ロシア政府による容認できない行動に対してコストを課すことだ」と強調した。

バイデン大統領は「私の結論はこうだ。ロシアとの協力は米国の国益になる。われわれはそうすべきであり、そうしていく」とした上で「ロシアが米国の国益を損なおうとした場合、米国は対応する」と表明。

「さらに制裁を加えることもできたが、そうせず、相応の対応にとどめた」とし、ロシアに緊張緩和を呼び掛けた。

ロシア外務省は、米国の制裁が両国関係を危険にさらすものだと反発。サリバン駐ロ大使を呼び出し抗議するとした上で、近い将来、対抗措置を講じる予定で、首脳会談の実現も危ぶまれると表明した。

カーネギー国際平和財団のアナリスト、アンドリュー・ワイス氏は、今回の制裁が直ちに両国関係に変化をもたらし、長期的にロシアを抑止するものとは考えにくいと指摘。ロシアが一定の分野で協力の意思を示すとしても、ウクライナや選挙介入の問題で意見の一致を見ることはないだろうとし、「新たな制裁措置がロシアの思惑を根本的に変えると期待するのは現実的でない」と話した。

*バイデン米大統領のコメントを追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  4. 4

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  7. 7

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  10. 10

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。