記事

お父さんお母さん、子どもたちに「寄付教育」をしよう

「寄付教育」って大切だと思うのです。

社会へ関与するきっかけを

昨今、子どもの頃から寄付の持つ意味について教える“寄付教育”の重要さが、日本の社会の中にも少しずつ理解されつつあるように思います。

実際、日本ファンドレイジング協会では、子どものための寄付教育事業を全国で展開しており、寄付という行為を通じて社会に関わるという啓発活動を行っています。

(中略)寄付という行為を、少年野球やサッカーなどの幼少期の活動と同様に位置づけられれば、寄付行為はその後、ライフスタイルそのものとなります。日本全国で、こういった寄付教育が普及していくことを切に願います。

親から子に行う家庭での寄付教育のポイント-飛耳長目:アメリカにみるNPO戦略のヒント


アメリカなんかだと親世代が自然とチャリティ活動をしているなんて話を聞きますが、日本だとそういう家庭は相当少数派なのではないでしょうか。

以前ものすごい感動したんですが、ザッポス社のトニー・シェイが従業員の娘に宛てたメッセージの中で「あなたの信じるチャリティ活動をサポートしなさい」ということを伝えているんですね。小学生ぐらいの女の子に。そりゃ、アメリカには寄付文化が育ちますよね。

画像を見る

子どもに寄付をするきっかけを提供するのは、教育の面で見ても高い価値があると僕は思います。寄付って社会に関与することそのものですからね。世の中の課題に対して当事者意識をもってもらう、いい機会になると思います。どのチャリティに参加するかを考えるプロセスは、判断力を鍛えるトレーニングにもなるでしょう。

飛耳長目の長浜さんが報告しているとおり、寄付教育のポイントは下記のようなものになります。詳しくは記事をぜひ。

■寄付の決定に子どもを関わらせること
■家から近いところに寄付をすること
■寄付を習慣づけること
■年齢相応のものにすること
■思い出させること


まずは大人たちがロールモデルとなり、しっかり社会参加を行っていく必要があります。うちの父なんかも最近、地域のロータリークラブに入って社会貢献活動をはじめていて、何だかいい感じだったりします。おじいちゃんが社会貢献する姿を、娘にいずれ見せてあげようと思います。

関連本。フローレンス駒崎さんが書いた寄付に関する本。単なる慈善ではない、「投票」「投資」としての寄付について語っています。

リンク先を見る 「社会を変える」お金の使い方――投票としての寄付 投資としての寄付
posted with ヨメレバ
駒崎弘樹 英治出版 2010-12-17





あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  4. 4

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  7. 7

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  8. 8

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。