記事

「女子テニスでは選手の年齢に言及する傾向が2倍」スポーツ報道、男子と女子で内容に違い 国際テニス連盟

テニス報道で男女に差?
テニス報道で男女に差?

国際テニス連盟(ITF)は4月12日、メディアとソーシャルメディア上での「スポーツのジェンダー平等」に関する調査結果を発表した。調査は2019~21年にネット上で実施し、性別、スポーツ、年、国籍ごとに各2万5000件の投稿を集計した。

英、仏、西のデータから見つかった調査結果としては「女子テニスのコンテンツは選手の年齢に言及する傾向が2倍である」などのデータが紹介されている。

男子テニスのコンテンツは"戦闘"的な用語を使用する傾向が2倍


このほかに記載されている内容としては、

「男子テニスのコンテンツは『戦闘』的な用語を使用する傾向が2倍である」
「男子のコンテンツは選手の身体的に優れた能力に言及する傾向が70%高い」
「男子テニスのコンテンツでは女子テニスより50%以上多くG.O.A.T(史上最高の選手)について言及される」

などと報告。「男子テニスのコンテンツでは『歴史に残る』ことについての言及が40%多い」といった指摘もあった。

一方で、「女子テニスは健康と治療に言及する傾向が2倍である」「女子のコンテンツは選手の家族に言及する傾向が30%高い」「女子の報道では男子より50%近くも多く『キャリア』に言及される」といった点も明らかになった。

全体的に、男子は成績や能力について言及されているのに対し、女子は競技の内容そのものではなく、その周辺事情について言及されがち、ということのようだ。

ITFのDavid Haggerty会長は

「声を上げることはわれわれのAdvantage All strategyの重要な柱の1つだ。この分野でポジティブな影響をもたらすには、私たちがメディアとソーシャルメディアの言語をよく理解することが肝要」

などとコメント。

また、調査結果で大衆が男子と女子のテニス両方に同様の興味を持つにもかかわらず、それを取り巻く語られ方には明らかな違いがあることが判明したとし、

「この違いは必ずしもネガティブなものではないが、突き詰めていくと女子選手のスポーツ上の功績を消し去りかねないため、意識的な偏見や無意識の偏見の結果として異なる焦点が生じるような状況は避けなければならないと認めるのが大切だ」

と意見を述べた。

あわせて読みたい

「テニス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。