記事
  • ロイター

前場の日経平均は小反発、買い一巡後は来週の決算控え様子見に


[東京 15日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比36円67銭高の2万9657円66銭となり、小幅に反発した。寄り付きでは続落スタートとなったものの、その後急速に下げ幅を縮小しプラス転換した。

一時166円67銭高の2万9787円66銭で高値を付けた後は、来週の主力企業の決算発表をにらみ様子見ムードが広がり、指数は上げを縮小した。

14日の米国株式市場はまちまち。ダウ工業株30種が小幅高となる一方、ナスダック総合指数やS&P総合500種指数は値下がりした。朝方発表されたJPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス、ウェルズ・ファーゴの決算はいずれも底堅かったが、株価は明暗が分かれた。

TOPIXは0.35%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0689億7400万円と細っている。東証33業種では、海運業、鉱業、石油・石炭製品、非鉄金属などの27業種が値上がり。その他製品、精密機器、電気機器などの6業種は値下がりした。

個別では、堅調な米銀決算が材料視され三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループなどの銀行株が買われた。

東京エレクトロン、アドバンテストなどの半導体関連は軟調。米国でハイテク株が総じて売られた流れを引き継いだ。

ソフトバンクグループ、ファーストリテイリングはプラス圏で前場の取引を終了した。

市場では「循環物色の流れは一部で継続しているが、全体的には材料難で値動きに乏しい。米国では新型コロナウイルスのワクチン供給が急速に進んでおり景気回復への期待が高まっているが、日本は遅れているほか足元の感染者も急増している。米国の投資環境と異なるため、上値は追いづらい」(SBI証券の投資調査部長、鈴木英之氏)との声が聞かれた。

東証1部の騰落数は、値上がり1125銘柄に対し、値下がりが939銘柄、変わらずが123銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  8. 8

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  9. 9

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  10. 10

    粉類がスーパーの棚から消えた!?人気の理由を一般社団法人日本コナモン協会に聞いた

    ふかぼりメメント

    05月07日 12:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。