記事

トリチウムのキャラ化で、原発処理水の説明ページが公開休止に。次なる議論の焦点は、福島原発処理水の「特殊性」か

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

トリチウムのキャラ化に批判 復興庁、公開休止し修正へ
https://this.kiji.is/755007319112531968?c=302675738515047521

昨日、原発処理水の安全性について詳しく説明されたページ・動画が公開されたものの、一夜にして公開が休止となりました。

わかりやすい内容だっただけに残念ですが、確かにトリチウムの「キャラクター化」については違和感・反発を覚える方がいることも理解できるところです。

感情の機微に関わる広告は、本当に難しいもの。これを奇貨としてよりよい発信となることを望みたいと思います。

そして処理水の海洋放出が決定されてからの議論の流れを見ていると、次は「福島の処理水と、通常の原発施設から放出される処理水の違い」にフォーカスされそうな気がしています。

世界の原発でも、トリチウムを含む「処理水」が恒常的に流されていることは徐々に知られてきました。

そうなると次の論点として

「いやいや、福島の処理水は特別(特殊)なんだ。トリチウム以外の汚染物質が含まれているじゃないか!だから危険なんだ!」

というロジックによる放出への反対意見が出てきます。

これは前段は正しく、後半は間違っています。そして部分的に正しいからこそ、海洋放出に反対・慎重な意見を持つ方たちに刺さっていると考えられます。

本日の国会質疑(上記動画)で原子力規制庁・更田委員長と議論して確認した通り、福島の「処理水」は壊れた原子炉に触れているので、その時点ではセシウムなどの放射性物質を帯びています。

そういう意味では、他の原子力施設から出される処理水とは「異なる」わけです。

経産省HPより

しかしそこから、ALPSを含む様々な除去装置により、各種の汚染物質は検出限界以下まで除去されます。こうして科学的な安全性が確保された水が海洋放出されるので、「汚染水」という指摘はやはり当たりません。

ただこうした処理をしてもトリチウムだけは除去不可能ですので、それはそのまま海洋放出されます。

そしてトリチウム水であれば、世界各国の原子力施設から放出されているもので、ここで当初の「世界でも同じことが行われている」という結論にたどり着くわけですね。

非公開になった復興庁のページにも、「トリチウム以外の汚染物質は~取り除かれます」という記載はあるものの、

「何かを隠している!」
「違うものなのに、同じだとミスリードしようとしている!」

と徒に責められないように、このあたりの流れを詳述するなどの改善はしても良いかもしれません。

あわせて読みたい

「原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  4. 4

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  7. 7

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  8. 8

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  9. 9

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  10. 10

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。