記事
  • ロイター

韓国中銀、政策金利据え置き 成長見通し改善でもコロナ拡大を警戒


[ソウル 15日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は15日、政策金利を過去最低の0.50%に据え置いた。景気の先行きについてより楽観的な見方を示しながらも、金融政策の方向転換を議論するのは時期尚早だとした。

同国では物価上昇圧力が高まっているが、政策当局者は新型コロナウイルスの感染拡大で景気回復が遅れる可能性を懸念している。

ロイター調査では、32人のアナリスト全員が据え置きを予想していた。

中銀は、堅調な輸出と消費の上向きが引き続き経済をけん引するものの、不透明感は根強いとし、新型コロナの感染状況を引き続き注視する方針を示した。

李柱烈総裁は記者会見で「世界経済と国内の活動が第1・四半期に改善したことを踏まえると、(今年は)3%台半ばの成長も大いにあり得る」と述べ、従来3%としていた今年の成長率見通しを3─4%に引き上げた。

一方で「新型コロナの感染再拡大がほとんど落ち着いておらず、ワクチン接種も2%程度にとどまっているのは憂慮すべきだ」と述べた。

韓国では今週、1日当たりの新規感染者数が700人前後と、1月以来の高水準で推移している。

アナリストは、住宅価格の上昇とインフレ高進で、中銀が2022年中に利上げを開始すると見込んでいる。ただ、新型コロナの感染再拡大による先行き不透明感を背景に、それまでは利上げを急がないとみられている。

3月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.5%上昇し、14カ月ぶりの高い伸びとなった。

中銀は15日、インフレ率が2%前後で推移した後に低下するとの見通しを示した。当局者は不動産価格の動向も注視している。不動産価格が大幅に上昇すれば、多額の債務を抱える家計を圧迫するとの懸念がある。

コリア・インベストメント・​アンド・セキュリティーズの債券アナリスト、アン・ジェキュン氏は「(中銀は)第4・四半期末までにサインを出し、来年第1・四半期にも利上げする可能性がある」との見方を示した。また「コロナの状況を予測するのは難しいが、市場は景気判断の改善に着目しているようだ」と語った。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  8. 8

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  9. 9

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。