記事

【幹事長代行会見】「精神論ではなく、具体的な議論をすべき時」東京五輪開催について渡部周幹事長代行

1/2

 「(東京五輪開催について)そろそろ精神論ではなく、どのような形で本当に開催できるのか、国会でしっかり議論すべき時期に来ている」(渡辺周幹事長代行)。14日、渡辺周幹事長代行が国会内で定例会見を開催しました。会見で渡辺幹事長代行は、(1)熊本地震から5年(2)政府のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策、特に菅総理の「大きなうねり」発言(3)東京オリンピック・パラリンピックまであと100日――といったテーマについて取り上げました。

■熊本震災から5年

 熊本地震から5年経ったことについて、渡辺幹事長代行は「われわれにとって、心に刻まなければいけない日だ。改めて、犠牲となられた方々に哀悼の意を表すとともに、被害に遭われた全ての皆さま方にお見舞いを申し上げたい」と述べました。また「鹿児島・トカラ列島沖の地震など、最近大きな地震が続いている。警戒を怠らないようにしたい」と述べるとともに、次期選挙に向けた公約では、防災対策を充実させる考えを示しました。

■COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策と菅総理の「大きなうねりとなっていない」発言

 東京都で緊急事態宣言解除後、新規感染者数が最多となり、大阪府でも新規感染者数が1千人を超える一方で、新型コロナウイルス感染症の感染状況について菅総理が「全国的な大きなうねりとまではなっていない」と、参院本会議で発言した点に言及しました。渡辺幹事長代行は「尾身茂政府分科会会長は『第4波ではないか』とまで仰っている。医師としての良心から、あのような発言をされたのだと思う。その一方で菅総理は政治的な思惑から根拠の分からない発言を繰り返している。政府として共通認識ができていないのではないか。共通認識がないと間違った発信となる」と政府としての情報発信のあり方に疑問を呈しました。

 今後については「まん延防止等重点措置ではなく、緊急事態宣言を視野に入れつつ、今後の推移を見守らなければいけない」と述べるとともに「駅の北と南でまん延防止等重点措置の適用が異なるなど、実効性が疑われるような事例が出てきている」などと指摘。政府のコロナ対策について、国会での集中審議を求めていることを明らかにしました。菅総理の発言については「当然、国会で取り上げていく」と述べました。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  3. 3

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  4. 4

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  5. 5

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  6. 6

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  7. 7

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  8. 8

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  9. 9

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

  10. 10

    無策を繰り返す政府からの休業要請にエンタメ界が上げた「狼煙」

    松田健次

    05月15日 08:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。