記事
  • SmartFLASH

【4月15日の話】からあげクン発売…すでに味は290種類、一番売れるのはなぜか岡山県

発売当初のからあげクン

 1986年4月15日、ローソンのホットスナック商品である「からあげクン」が初めて店頭に並んだ。最初はレギュラー味のみで、1988年にレッド味が登場している。

 ローソンの広報担当者に、発売当初について話を聞いた。

「からあげクンは、『指でつまんで歩きながら食べられる』ことを目的にして、発売された商品です。当時はお惣菜のイメージが強かった唐揚げを、おやつとして食べられるように一口サイズで販売したことから、若者を中心にヒットしました」

 発売当初のパッケージには、キャラクターの影も形もなかった。1990年に発売された2代目パッケージには、「からあげおやじ」をはじめ、多くの笑顔が描かれた。現在まで続くキャラ「からあげクン」が登場したのは、2003年の3代目からだ。

2代目パッケージ

 ちなみに、「からあげクン」と「からあげおやじ」の関係は、「からあげおやじは、からあげクンの育ての親にあたります」(広報担当者)とのこと。

 レギュラー、レッドに続き、1994年にはカレー味も発売された。味の評判はよかったが、「店内のにおいが強い」と指摘され、結果として短命に。2003年にはチーズ味が登場し、新しい味として定着した。

「これまでコラボ商品含め約290種類の味を発売し、シリーズ累計は34億食以上(2020年8月時点)と、多くの方に食べていただいています。

 また、おまけ情報なのですが、昨年の県別からあげクン売上ランキングは、1位・岡山県、2位・山口県、3位・和歌山県、4位・奈良県、5位・静岡県という結果となりました。

 岡山県は以前から上位にランクインしているのですが、その理由はいまだにわかっておりません」(広報担当者)

写真提供:ローソン 

あわせて読みたい

「ローソン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  2. 2

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  3. 3

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  4. 4

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  5. 5

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  6. 6

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  7. 7

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  8. 8

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  9. 9

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  10. 10

    「ノーマスク」を権利と主張する人々が公園の管理人を悩ませている

    NEWSポストセブン

    05月16日 17:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。