記事
  • ロイター
  • 2021年04月14日 12:25 (配信日時 04月14日 12:23)

米パーミアン盆地の送油管、半数近くが遊休状態 コロナで生産減


[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米最大のシェールオイル層パーミアン盆地を始点とするパイプラインの半数近くが、年内に遊休状態になるとみられている。アナリストや石油企業幹部の話で明らかになった。

2018─19年にかけて、米原油生産が過去最高の日量1300万バレルに急増する中、パイプライン運営各社はこれに対応するため、パイプライン建設を急いだ。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、燃料需要と石油生産が打撃を受けた。需給とも完全には回復しておらず、多くの送油管が遊休状態となっている。

大手パイプライン運営会社は、遊休パイプラインを使って、他の製品を輸送する方法を模索しているほか、資金調達のため、パイプラインの権益売却を検討している。

新型コロナのパンデミックは、世界のエネルギー供給システムと燃料需要に影響を及ぼした。米国のガソリン消費はピークを過ぎたとみられる中、製油業者の原油処理量が少なく、生産会社もパイプライン輸送を十分に使用できていない。

エネルギー調査会社ウッド・マッケンジーによると、今年第4・四半期までに、パーミアン盆地を始点とする最大規模の石油パイプラインの稼働率は57%に落ち込む見通し。これまで稼働率が最も低かったのは16年の約70%だった。

現在の米原油生産量は日量約1100万バレルで、22年まで大幅な増加は見込まれないが、エネルギー調査会社イースト・ダレイ・キャピタルによると、今後も新たなパイプラインの稼働が控えている。

商社大手トラフィグラのチーフエコノミストは、「石油生産は、22年末まで新型コロナ前の水準に戻らない」との見方を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  7. 7

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  8. 8

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  9. 9

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  10. 10

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。