記事

玉木宏「テレビが弱い時代だからこそ」いち役者の“野心”は“責任感”へ

俳優の玉木宏 撮影:蔦野裕

●俳優としての野心と難役への挑戦

刑事ドラマだが、王道の犯人VS警察ではなく、警視総監を目指して巻き起こる組織内のパワーゲームに焦点を当てた人間ドラマ『桜の塔』が、あす15日にスタート(毎週木曜21時~ テレビ朝日系)。俳優の玉木宏は、幼少期のある出来事がきっかけで警視総監を目指すようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣を演じる。出世のためには汚い仕事もためらうことなく遂行する、ダーティーな役どころだ。

漣が出世の階段を駆け上がっていくように、玉木にも、たとえば「主演を多く張りたい」など役者としての野心はあるのだろうか。玉木が口にしたのは、変わりゆく時代を冷静に見据えた作品作りへの責任感だった――。

■「有名になりたい」――時代と共に変化した作品への思い

「昔は『有名になりたい』という欲が一番強かった」と、誰もがイメージしやすい芸能界での出世を意識していたと話す玉木。現在は「完全にその気持ちがなくなったわけではありませんが」と前置きしながらも、「俳優も個々に有名になって名前を知られていったりしますけど、今はやはり“作品”をいろんな人に見ていただきたい、という気持ちが大きい」と野心の変化を明かす。いま玉木を占めているのは「『いい作品をその都度作っていこう』という向上心。過去にないものを作りたいと思うし、より多くの人に見てもらいたいと思う」。

その背景にあるのは時代の変化だ。「テレビがどうしても弱い時代になっているのはもちろん僕らも分かっていて。じゃあどうすればドラマがもっと面白くなるんだろうと考えるし、脚本がすごく面白いとより多くの人に見て頂きたい気持ちも強くなるので、今はそれが目標です」と、個人の枠に留まらず、テレビ、ドラマという広い視野での責任感も持つ。



■プロファイリングを使う難役は「攻めなきゃいけない」「チャレンジ」

今回の役には、繊細な演技が求められる。漣の得意技は、癖や仕草から相手の考えていることを見抜く「プロファイリング」。このプロファイリングが、役作りをときに窮屈なものにしてしまうという。

「たとえば『唇を触る癖がありますね』という台詞があると、自分が唇を触ることができなくなる。ヘタな仕草をつけられず、余分なものを削ぎ落として演じることが、難しい。無機質に演じなければ、と窮屈になっていく」。癖や仕草でキャラクターを構成できない難役。しかし、もちろん“無”のままではいられない。「フラットにしすぎると、周りのキャラクターの圧に負けているように見えるので、バランスを取らなきゃいけない。台詞にも感情を乗せないと伝わらないし、強く見せなきゃいけないときもあるので……もう慣れてきましたが、最初は探っている部分はありましたね」と苦労をにじませる。



その結果、「静かな中で情熱を持っている男。野心があるので『静かに強く』ということをモットーに演じています」と、ベストな解釈にたどり着いたものの「攻めなければいけないところもある」。次に立ちはだかるのは台詞回しの難だ。「台詞のスピードだったり、相手に有無を言わさない言い方であったり。無機質な中に抑揚をどうやって入れるかが難しいところですね。チャレンジではあります」と、数え切れないほどの役を演じてきた玉木から“チャレンジ”という意外な言葉が飛び出した。

そんな玉木自身の「プロファイリング」の腕前はというと「人の目を見て話していると『ある程度は分かる気がするな』と思うときもあります。それで失敗するときもありますけど(笑)」と笑顔を見せ、「必ず会話するときには目を見て。目が泳いでいる人は当然信頼できないので、目で判断する」と”目”に注目することを教えてくれた。

●視聴者を翻弄する先読みできない作品

■武藤将吾氏の台本は「挑戦状」謎解きに臨むかのような姿勢

本作の脚本を担当するのは、ドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(19年、日本テレビ)で東京ドラマアウォードグランプリなど数々の賞を総なめにした脚本家・武藤将吾氏。『3年A組』は放送時にSNSで考察合戦が繰り広げられ、張り巡らされた伏線についても話題となっていた。

武藤氏とは、撮影が始まる前に一度会う機会があり、台本についての疑問や質問をぶつけたという。「準備稿を読むと“文語調”の台詞が多いなという印象だったので『口語調にしないんですか』と聞いたら、『上条漣という男が人に隙を与えないようにするため、あえてそうしている』と」。玉木も「確かに」とすんなり納得したものの、すべてが文語調ではないのが難しいところ。文語調がベースながらも、たまに現れる口語調。そこには、必ず理由があると考えている。

「武藤さんが書いた意図を読み解く、ということに注意して台本を読まないといけない」――その姿勢は、まるで謎解きに臨むかのよう。「文語調の台詞をいっぱい言っているからこそ、すごく少ない『口語』の箇所が効くと思うので、どの場面でどういう感情で、どういうテンションで台詞を言うのかはすごく大事」と慎重だ。

同時に、台本を「武藤さんからの挑戦状のような気がして」と受け取っている。「『ここまでのものを書いたんだから、現場で上手く調理してくれよ』という意味だと」。役者としてその挑戦を全力で受ける気概だ。



■考察はしていいが、できない。道のりは「プロデューサーも分かっていない(笑)」

本作は、物語の先を読めないことも大きな話題となりそうだ。「今の段階で5話の準備稿までいただいているのですが、僕自身どうなっていくか分からない。プロデューサーも分かっていなくて(笑)。大きなゴールは共有しているとしても、そこまでの道のりは武藤さんしか把握していないところなので、どうなるのか。連ドラの醍醐味ではありますね」。SNSでの考察も活発になりそうだが、玉木は「考察していただいてもいいんですけど、本当に先読みできないと思います」と冷静に語る。

そのうえで視聴者へは「騙されて良いと思うんです。作品に翻弄されていいと思っていて。最初は純粋に『今までと違ったタイプの警察ドラマが始まるんだな』『主人公が警視総監という椅子を獲得するためにのし上がっていくんだ』というところから入っていただいて、『全然違うじゃん!』という(笑)。そこからこの世界にどっぷりハマって欲しいです」とニヤリ。

そして、ダーティーな部分や伏線だけに目を向けるのではなく「漣も頭はいいのですが、一枚上手の上司たちにもみくちゃにされながら、それでも前に進んでいく。でも広末(涼子)さん演じる水樹爽(警視庁捜査一課主任で上條漣の幼馴染)がときに引き戻してくれたり、いろんなキャラクターたちに翻弄される人間ドラマをしっかり見届けてほしいなと思いますね」と、人間ドラマとしての側面もアピールした。













玉木宏
1980年生まれ。愛知県出身。98年にドラマ『せつない』で俳優デビューし、映画『ウォーターボーイズ』で注目を浴びる。その後も、ドラマ『のだめカンタービレ』『あさが来た』など話題作に出演し、昨年は、ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』、『極主夫道』で主演を務めた。5月には映画『HOKUSAI』の公開を控える。玉木宏オフィシャルサイト内限定ページでは自身撮影の動画も公開中。

あわせて読みたい

「玉木宏」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。