記事

月間40万PVで売上835万!Publickeyのマネタイズがすごい

いやー、目ん玉飛び出ました…。

ブログでメシが食えるか? Publickeyの2012年 - Publickey


月間40万PVで年間売上835万円

技術系ブログでは知らない人がいない「Publickey」。静謐で硬派な文章スタイルで淡々と更新なさっている印象。直近のブログ記事で売上を公開しているのですが、これがすごい…。

2012年1月から12月までの1年間のPublickeyの売り上げは、合計で835万8819円でした。内訳は、バナー広告やテキスト広告などが473万1300円、タイアップ広告が276万4661円、グーグルのAdSenseが64万9086円、Amazonアフィリエイトが5万3772円、記事ライセンスなどその他が16万円でした。

ブログでメシが食えるか? Publickeyの2012年 - Publickey


うーん、うちのサイトが月間50万PVで、年間売上が210万そこらなので、ざっくり4倍以上の収益性がある計算になります。4倍。赤い彗星を超えるレベルです。マジですか…。

もちろん読者層やコンテンツのクオリティなども違うので一概に比較できないのですが、このPVに対する売上は凄まじいものがあります。Adsenseに頼っていないのもすばらしいですね。営業とかどうしてるんだろう…?


うちのブログの売上は2012年1月から今日現在までで、215万8350円でした。内訳は自社販売の広告が16.4万円、(規約上数字を公開してはいけない?と思われるので濁すのですが)、AdsenseとAmazonアフィリエイトは残り半々ぐらいです。チキンでごめんなさい。

来年の方針としては、自社広告枠の販促(年間50万円程度にまでは伸ばしたい)と、アフィリエイトの売上拡大です。

事業計画的には売上250万を見積もっています。が、本音としては500万くらいは欲しいなぁと思ってたり。500万稼げれば、ブログ一本で生きていけますからね。まだまだ駆け出しプロブロガーなので、長い目で考えていきます。


同じ分野で圧倒的なパフォーマンスを上げている人を見ると、とても刺激を受けますね。来年も「ブロガー道」を切り拓いていこうと思います。


関連本。ブログでのマネタイズを研究するならこちらは必読。

リンク先を見る
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意 posted with ヨメレバ コグレマサト,するぷ インプレスジャパン 2012-03-23

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  3. 3

    「遊びは富を生み出さない」の定義を変えたYouTuberのゲーム実況

    Dain

    05月09日 11:34

  4. 4

    驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?

    かさこ

    05月09日 08:19

  5. 5

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  6. 6

    菅さんは、小池さん並みにマスコミを上手に使えばいいのになあ

    早川忠孝

    05月09日 16:21

  7. 7

    お相撲さん→スーパーの店長→モデル→インドで人気俳優…元力士の波乱万丈すぎる人生

    文春オンライン

    05月09日 15:23

  8. 8

    小池都政DX戦略大失敗!急げ医療者へのワクチン接種

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    05月09日 21:10

  9. 9

    「かまいたち」の実は長かった暗黒時代 “東京挫折”からいかに立ち直ったか - 鈴木旭

    文春オンライン

    05月09日 12:43

  10. 10

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。