記事
  • ロイター

アジア経済の見通し明るい、米金融政策の影響に注意=IMF幹部

[東京 13日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局のジョナサン・オストリー副局長は13日、アジアの経済見通しについて半年前よりも明るい見通しを示したが、米国の金利が想定以上に速く上昇すればアジアからの資本流出が起こり、市場の混乱につながる可能性を警告した。

副局長はネット会見で、新型コロナウィルスのパンデミックによる昨年の低迷からアジアは回復しているが、世界的な需要の急増で恩恵を受けている国と観光依存の国との間には差が生じていると指摘。「ワクチン接種の展開の抑制、コロナ変異体に対するワクチンの有効性、感染の再燃などが重要な下振れリスクにつながる」と述べた。

IMFは、米国や中国の旺盛な需要が日本、オーストラリア、韓国などの成長が堅調となり、アジアの成長率は今年7.6%となり、10月に予測した6.9%から上方修正した。22年は5.4%成長と予想している。

副局長は、この成長見通しは、米国の財政・金融政策の影響を受ける可能性があるとし、米国の巨額の財政支出は輸出型経済国にとってはプラスだが、米国の金利上昇はアジアの新興国市場にすでに影響を及ぼしていると述べた。

「米国の利回りが市場の予想よりも早く上昇する場合、あるいは今後の米国の金融政策についてミスコミュニケーションがあれば、2013年のテーパータントラムのように金融を通じた悪影響と資本流出がマクロ金融の安定性を損ないうことにより課題となる可能性がある」との見方を示した。

外貨準備の蓄積、変動相場制の採用、銀行財務への強力な監督大勢により、アジアの多くの国には急激な資金流出に対するバッファーがあると指摘。「しかし、政府、家計、企業バランスシートでのレバレッジの増加は、借入コストの上昇が発生した場合に悪影響を及ぼすことを意味する」と語った。

オストリー副局長は、世界的な需要回復とコモディティー価格上昇が生産者価格を押し上げたとしても、アジアのインフレは「かなり抑制される」可能性が高いとし、「アジアの回復はまだ完全には定着しておらず、これによりインフレ圧力は抑制される見通しだ」と述べた。

ロイターとの書面インタビューで明らかにした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  4. 4

    ワクチン2回接種で変異株は抑えられる?横浜市立大学の研究結果に医師「安心」

    中村ゆきつぐ

    05月13日 08:47

  5. 5

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  6. 6

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  7. 7

    新車供給追いつかず中古自動車の需要が急伸 アメリカ自動車業界の「ないものねだり」

    ヒロ

    05月13日 10:52

  8. 8

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  9. 9

    後手に回る水際対策。オリパラに配慮?精神論と楽観論と悲観論が入り交じる意思決定

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月13日 09:05

  10. 10

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。