記事
  • ロイター
  • 2021年04月13日 20:20 (配信日時 04月14日 11:43)

配車大手グラブ、過去最大のSPAC上場へ 評価額約400億ドル


[シンガポール 13日 ロイター] - 東南アジア最大の配車サービス企業グラブ・ホールディングスは13日、上場に向けて米特別買収目的会社(SPAC)アルティメーター・グロースとの合併で合意した。

グラブの企業価値は約396億ドルとなり、SPACとの合併としては過去最大規模。

合意には、ブラックロック、フィデリティ・インターナショナル、ジャナス・ヘンダーソン、シンガポールの政府系投資機関テマセク・ホールディングスなどの投資家を引き受け先とする40億ドル超のPIPE(上場企業の私募増資)が含まれる。

グラブにはソフトバンクグループや中国の配車アプリ大手、滴滴出行(ディディ)などが出資している。

グラブは、2020年の業績が新型コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず良好だったことから上場を目指す決断をしたと説明した。

ロイターは、複数の関係者の話として、グラブのSPACとの合併が早ければ13日にも発表されると伝えていた。

グラブは2012年に米ハーバード大経営大学院出身のアンソニー・タン氏とタン・フイリン氏がマレーシアでアプリを使った配車サービスとして事業を開始した。東南アジア8カ国400以上の都市で事業を展開し、域内で最も価値のあるスタートアップとされる。

多額の資金を投じてサービスを現地向けにローカライズし、成長が見込める新規分野への参入でシェアを拡大する戦略を進めるが、今回の上場はそれを裏付けるものになる。

タン氏は米国市場を上場先として選んだ理由について「流動性が高く規模も大きく、世界的な企業や投資家が集まり、層の厚い市場であることが重要だった」と述べている。

20年の純売上高は70%増加したが、まだ黒字化していない。新型コロナ禍で料理・食事の宅配サービスが伸び、最大事業となった。

20年の調整後純売上高は16億ドル。23年には45億ドルに引き上げ、EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)で黒字転換する計画。

*情報を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。