記事

「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

1/2
テレビCMなどで目にする機会が多くなった「雨雲レーダー」をはじめ、天気を予測する技術は日々進化を続けています。

「天気予報の精度はどれくらい先まで信頼できるの?」、「天気はどうやって予測しているの?」という疑問を、気象庁・気象研究所研究官の荒木健太郎さんにインタビュー。正しい天気予報の見方を教えてもらいました。

様々なアプリから出ている雨雲レーダー 結果は同じ?

Getty Images

現在、雨雲レーダーに関する様々なアプリがありますが、基本的に使っているデータは同じものが多く、異なるデータを使っていても見ている現象は同じなので、表示結果に極端な違いはありません。自分が使いやすいと思うものを使うのがベストですね。

気象庁のページでも「雨雲の動き」を伝えるページがあります。ここではレーダーで雨雲の動きを観測し、5分ごとに雨雲がどう動いているか、1時間先までの予測を表示しています。

また、「今後の雨」というページでは、1時間で雨が降った量を解析し、天気予報の元になるデータなども使って15時間先まで雨雲の分布を予測しています。

これ見ると、「関東の南部では少しだけ雨雲がかかるような部分が今日の後半はありそう」などといった予想を立てることができます。

方法としては気象庁が持っている「数値予報モデル」を使用してシミュレーションしています。雨が現在どこで降っているのか把握するのにも使用しますが、「今後の雨」の予想などでは、日本付近を細かく2キロや5キロ間隔で計算し、この結果を使って雨の予測を出しています。

この計算には衛星観測だけではなくて、地上の観測や風船を飛ばした観測、民間の航空機の観測データやレーダーの観測データなど様々な観測データを組み合わせて使用しています。

天気予報を信頼できるのは何日先まで?

Getty Images

予報の精度は昔に比べると上がっていますが、気象観測には時間がたつほど誤差がどんどん大きくなるという特徴があります。気象は「カオス」の性質を持っていると言われますが、観測データや予測手法のなかに含まれる小さなエラーの影響が、時間がたつにつれて大きくなってしまうからです。

そのため、先ほどあげた数値予報モデルのなかでも2キロ間隔で行うものは、計算コストや誤差の大きさなどを加味して、予測を10時間先までとしています。

3日以降先や週間予報に使用する場合になると、「全球モデル」と呼ばれる地球全体を20キロ間隔ほどで予測するものを使用します。こちらは低気圧や高気圧などの時空間スケールの大きな現象をターゲットにしており、積乱雲などの細かな現象は表現できません。いずれにしても、予測する時間が長くなるとどうしても誤差は大きくなってしまいます。

また、週間予報や台風予報では、「アンサンブル予報」というやり方を行います。少しずつ誤差を与えて、何度も計算を繰り返す方法です。例えば週間予報では1日2回、同じようなシミュレーションをそれぞれ51回行い、誤差の広がりを確認しながら予報が作られています。

週間天気予報は「信頼度」をチェックしよう

天気予報を見る上でチェックしていただきたい項目としては、気象庁の天気予報ページにある「信頼度」という部分です。

報道などで使われることは少なく、知らない方もいらっしゃいますが実は結構重要です。信頼度Aの場合は「明日の予報と同じくらいの確率で当たりそう」、Bだと「4日先ぐらいの予報と同じぐらいの確率」、それより悪いとCになるという意味です。

気象庁の天気予報ページ。降水確率の下に「信頼度」の項目が記載されている。(画像は4月9日午後8時半現在のもの)

だから、信頼度がCとなっている時は、予報が変わりそうだというふうに思っていただいて、新しい予報が出るのを待つ、Aの場合は、予報の結果は変わらなそうだなという判断の仕方ができるんですね。

日にちが近いから信頼度が高くなるとは限りません。例えば、低気圧が来る時などは予想がしづらくなり、近い日にちでも信頼度がCとなっている場合もあります。

ニュース番組で流れている天気予報を見ながら、気象庁の信頼度も同時に確認していただけると、より確実に天気を把握することができます。ただ、毎日これをやるのは大変だと思うので、外出の用事があるとか、この日の天気は特に気になるという場合にアクセスすると、天気予報をうまく使えるかと思います。

あわせて読みたい

「天気」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  2. 2

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  3. 3

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  7. 7

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  8. 8

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  9. 9

    安倍政権以降、EEZで重要な国境離島が消失か 2020年末時点で8島の存在が確認できず

    野田佳彦

    05月17日 17:42

  10. 10

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。