記事
  • ロイター

豪企業景況感指数、3月は過去最高 「健全なペースで拡大」


[シドニー 13日 ロイター] - ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が発表した3月の豪企業景況感指数は、8ポイント上昇のプラス25と、過去最高を記録した。

販売、利益、雇用の急増を報告する企業が目立った。新型コロナウイルス危機からの回復が急ピッチで進んでいることが改めて浮き彫りとなった。

景況感は大半の産業・地域で堅調だった。

企業信頼感指数は3ポイント低下したものの、プラス15と比較的高水準だった。

NABのチーフエコノミスト、アラン・オスター氏は「企業は事業活動が引き続き非常に健全なペースで拡大していると報告している。新型コロナ関連の制限措置緩和に伴う事業活動のリバウンド局面は過ぎた」と指摘。

「全体として、過去1年間の回復ペースは、過去のどのような予想をも大幅に上回っている」と述べた。

クイーンズランド州の景況感も大幅に改善。州都ブリスベンは短期間のロックダウン(都市封鎖)を導入したが、長期的な影響はなかったとみられる。

全国販売指数は12ポイント急伸しプラス35と、過去最高を更新。収益性指数は8ポイント上昇し、プラス26。雇用指数は7ポイント上昇しプラス16。

雇用指数は、労働市場の改善が引き続き予想以上のペースで進んでいることを示唆している。2月の失業率は5.8%と、ピークに達した昨年7月の7.5%から低下した。

設備稼働率と投資の指数もさらに上昇し、新型コロナ流行前の水準と長期平均をともに上回っている。

オスター氏は「基調的な成長ペースは比較的健全とみられ、企業の投資と雇用が拡大する可能性がある」と述べた。

ANZが発表した先週の消費者信頼感指数は5.9%上昇し、2019年終盤以来の高水準となった。ブリスベンのロックダウン終了や、オーストラリアとニュージーランドが隔離措置なしに相互の往来を認める「トラベルバブル」を計画しているとの報道が寄与した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  4. 4

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  7. 7

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  8. 8

    後手に回る水際対策。オリパラに配慮?精神論と楽観論と悲観論が入り交じる意思決定

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月13日 09:05

  9. 9

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  10. 10

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。