記事
  • ロイター
  • 2021年04月13日 09:20 (配信日時 04月13日 09:10)

ゴールドマン、今年の市場の混乱への対応を検証=関係筋


[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米金融大手ゴールドマン・サックスが、今年になって市場を揺るがした複数の大規模な問題にどこまで適切に対応できたか検証を進めていることがわかった。複数の関係筋がロイターに明らかにした。

米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントが追加証拠金を支払えず、株式の投げ売りが行われた問題などを、特に法令順守(コンプライアンス)や最良慣行(ベストプラクティス)の視点から検証する。

ビデオゲーム販売のゲームストップ株をはじめ、オンライン掲示板「レディット」への投稿に基づく熱狂的な株式取引や、債券市場で注目を集めた米連邦準備理事会(FRB)による「補完的レバレッジ比率(SLR)」条件緩和打ち切りなどへの対応も検証する可能性がある。

また、今年2月中旬にはテキサス州の異例の寒波でエネルギー市場が混乱し、燃料価格や電力価格が急騰した。

ゴールドマンはコメントを控えている。

同社はアルケゴス問題では多額の利益や損失を出しておらず、デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)も問題に適切に対処できたと発言しているが、今年は複数の市場でボラティリティーが高まっており、関係筋によると、経営陣はリスクやヘッジの監視を強化している。

大手行は、特に規制当局や政治家の調査対象となった場合、こうした検証を進めることが多い。金融規制当局は、ゲームストップ株の乱高下やアルケゴス問題についてボラティリティーの原因を調査する方針を示している。

関係筋によると、ゴールドマンのコンプライアンス部門は、こうした検証の一環で、昨年後半にアルケゴスとの取引開始に至った経緯を調査。アルケゴスに要求する担保を今年初めに増やしていたと報告した。

このため、野村ホールディングスやクレディ・スイスなどのような損失を回避できたという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。