記事

なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

新型コロナウイルス対策のワクチンについて、今日高齢者への優先接種が始まりました。

これをスムーズに進めることが日本にとっては極めて重要です。そのためには、接種を担当する全国の市町村において、その準備が円滑に進んでいなければなりません。

ところが現実はそうはなっていません。ワクチンがいつ、どれだけ届くのか、市町村に情報が届けられていないからです。接種会場、医師、看護師などをいつ、どれだけ確保すれば良いのか、その計画が全く立てられていない状況で、市町村の皆さんからは、苦労されている声が頻繁に聞かれます。

一方で、河野大臣は、6月末までに全高齢者(約3600万人)に2回の接種を行うだけの量のワクチンを確保できることとなったと、明言しています。

本当に、確かなことなのでしょうか。

もしそうであれば、そこに至るまで、いつの段階で、どれだけのワクチンが日本に入ってくるのか、入荷のスケジュールも分かっているはずです。もしそれが分かっていないのであれば、確実に6月末までに3600万人分×2回分が入ってくるとは言えないはずです。

具体的な入荷のスケジュールが分かっているのであれば、各市町村にいつどれだけ配布できるかも伝えられるはずです。

それが今、できていないということは、6月末までにいつ、どれだけのワクチンが、日本に届くのかという入荷スケジュールは、具体的には分かっていないということでしょう。

ということは、6月末までに3600万人分×2回分が入ってくるという、河野大臣の言葉も確かなものではないのではないかと思われます。

この不透明性が、全体のワクチン接種スケジュールを遅らせる大きな要因となっています。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  3. 3

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  4. 4

    ソフトバンクG孫正義さん、AI革命に熱意「10兆円でも満足しない」

    Ledge.ai

    05月12日 21:37

  5. 5

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  6. 6

    「人と違うことは個性だ」差別と戦い続けたプロサッカー選手・鈴木武蔵が見る日本

    清水駿貴

    05月11日 08:06

  7. 7

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  8. 8

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  9. 9

    茨城県境町の殺人事件 デマ情報に基づく誹謗中傷が被疑者の同姓男性のもとへ

    岸慶太

    05月12日 14:46

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。