記事

「DXなのだからデジタルを使う」は決定的な勘違い…問題解決のために本当に必要な“戦略”とは - 『DXの思考法 日本経済復活への最強戦略』より #1

1/2

 経営戦略・プロダクト・業務フローなどを変革する概念として「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉を頻繁に見かけるようになって久しい。しかし「DX」という言葉が持つ意味を正しく理解できている人は意外と少ないのではないだろうか。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 ここでは、経済産業省商務情報政策局で局長を務めたキャリアを持つ西山圭太氏の著書『DXの思考法 日本経済復活への最強戦略』(文藝春秋)を引用。日本経済が復活するために欠かせない「DX」という概念の本質を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

課題から考える

 ややこしいことを目の前にしたときに、我々はまずどうすべきなのか。「課題から考える」である。アーキテクチャの授業は、課題の構造を考えるトレーニングから始めることが多い。


©iStock.com

 アインシュタインが言ったとされる言葉がある。それは、地球滅亡までにあと1時間しか残されておらず、あなたが地球防衛軍の責任者だったらどうするのか、という問いに対する答えである。アインシュタインの答えは、自分なら55分間はその課題がどういうものなのかについて考え、残りの5分間で解決策を考えるというものであった。その何が良いのか。

 対比してみればわかる。課題から考えないということは、当然「解決策から考える」ということになる。良さそうに聞こえるのだが、その何がダメなのか。言葉を足して説明しよう。解決策から考えるということは、すぐに思いつく、既にその組織が持っている具体的なツールをあれこれいじってどうにかしてみようとする、ということになるからだ。地球滅亡まではいかないにしても、会社のトランスフォーメーションのような非連続の課題を、組織が既に持っているツールなどの「型」にはめて検討すると、「型」にはまらないような骨太の解決策が出ることは決してない。

 逆に、課題から考えるということは、型を破って自由に解決策を考え、その選択肢を増やすことになる。インテルのテッド・ホフの事例がそうだった。彼らがビジコンから依頼されたのは、マイクロチップの設計・生産である。それを解決策から考えるならば、ビジコンから渡された電子回路を仔細に検討して、それを改善する、ということであったはずだ。しかしホフはそうしなかった。ビジコンがマイクロチップを使って解決したい課題、つまり小型電子計算機が解くべきプログラムの方をじっと見たのである。その結果、解決策の幅が広がり、ハードウェアの機能の一部をソフトウェアに移した上で、マイクロプロセッサを単純化した。そしてインテル4004ができた。

「抽象化」によって価値を見つけることがDXのキモ

 課題から考えるというのは、エジプトのピラミッドや東大寺建立のようなかつてのややこしいプロジェクトでも有効な手段である。しかし、ソフトウェアが産業、社会の中心となり、我々がカイシャのロジックから卒業したいときに特に有効な手段だ。

 それは「課題から考える」というのは「抽象化」でもあるからだ。ホフは、ビジコンの持参した電子回路という具体から離れて、より抽象的なスペースで物事を捉え直したのである。抽象的なスペースはいくつもの具体を含むので、ややこしい課題に対して解決策を見出しやすい。カレーがないときでも、その欲求を「辛いもの」が食べたいと置き換えられるのなら、担々麺が見つかる、という話だ。

 そして、ホフが一部の機能をソフトウェアに移したように、ソフトウェアは「抽象化」に馴染む。ハードウェアと比べれば、頻繁に変更・アップデートできるからだ。ハードウェアは、容易に変更できないために、既に存在する具体から離れることが難しい。それで、具体を大事にし、作り込み、深化する、ということになる。ソフトウェアはしょっちゅう手を加えられるので、ハードウェアと比べれば具体から自由になることができる。むしろ抽象つまりは課題に徹底的にこだわるべきなのだ。そして、抽象、課題を突き詰めたものが企業として実現したい価値であるはずだ。

 日本の企業人あるいは行政官が「課題から考える」ことがなかなかできないのは、ここにも一因がある。モノという発想に囲まれて生きてきた結果、あわせて「具体から考える」という癖を身につけてしまい、その発想法から離れられないのだ。これは発想の問題なので、気づかなければ、デジタルの世界でも同じことをしてしまう。自分たちのサービスや製品にどう顧客を惹きつけるかが本来的な課題だ、ということに気づきさえすれば、顧客接点がオンラインかオフラインかに関係なく並列に一つの経験、ジャーニーとして考えることができる。ところがこの同じ話を、「DXなのだからデジタルを使うのが課題だ」と、より具体の側で発想してしまうと、全くおかしなところに行ってしまう、ということだ。

あわせて読みたい

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。