記事

小6児童の悲痛な声「なんで加害者を擁護するの?」 不適切指導で2年半も不登校に 心因性による嘔吐が止まらずに…… - 渋井 哲也

1/2

「ここの学校はイジメをかくすさいやくな学校です。これにした理由はそれいがいなんもないからです。それにぼくはふとうこうです」(原文ママ)

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

これは大阪府堺市の小学6年生の児童Aさん(11)が、4年生のころに書いたものだ。〈学校の様子を地いきの人に知ってもらうため、学校しょうかい新聞をつくって地いきのけいじ板にはることにしました。あなたなら、学校のどんなところを記事に書きますか?〉という作文の課題が出された。その答えとして書いたものだ。

ただ、不登校だったため、実際に提出はしていない。新学期の季節だが、今年度も不登校からスタートする。Aさんは卒業までに再び登校できるのか――。


©iStock.com

担任からのきびしい叱責を受け不登校に

作文に「ぼくはふとうこう」とあるが、理由は担任の指導だ。「イジメ」とはあるものの、教員の指導をきっかけにしている。しかも、子ども同士のいじめと違い、事実関係についての詳細は調査の対象外になっている。Aさんの母親は、SNSで同じ思いをしたり、関心がある全国の人たちに呼びかけて、「不適切指導を考える会」(仮)をつくった。

いったい、何があったのか。

母親によると、それはAさんが3年生のときだ。10月22日の体育の授業中、バレーボールをしていた時だった。Aさんは、飛んできたボールを頭で受けてしまった。担任である女性教師は、Aさんにこう言った。

「ふざけるなら、やらんでもいい」

翌日の校外学習は休んだが、その後、学校へ登校をした。そのとき、担任がAさんを廊下に呼び出した。「なんで遠足休んだ?」ときつく聞いたという。

「私からの電話で、休んだ理由について、担任は自分が原因だと知っています。息子も、先生が知っていることを分かった上での登校でしたので、すごく恐怖を感じたようです。だから、担任の質問に答えないでいたら、『何なん?』と聞かれ怖くなり、『風邪です』と答えました。そしたら、先生は『ふーん』とだけ言って去っていった、といいます」(母親)

不適切指導は半年前からはじまっていた

ただ、この件だけで、Aさんが登校を渋ったわけではない。もともとAさんと担任の関係性はよくなかったという。4月、母親が学校に出向いた際に、担任に会った。そのときは母親の後ろに隠れるように回った。

母「どうしたん?」

Aさん「いや、なんかちょっと……」

そのときAさんは「嫌だ」など否定的な言動はしていない。母親はそのとき、担任に対して「喋り方がぶっきらぼうで、語尾がきつい。感情の起伏がない」との印象を持ったが、「息子は、先生と相性が合わないだけかな?」と思ったという。

5月。Aさんが給食当番の時だった。クラスでは給食当番は2人のペアでする。しかし、ペアの児童が学校を休んだ。Aさんは担任に「(ペアを)誰かにお願いしていいですか?」と聞いた。担任は「1人で運べると思ってん?」と笑い、担任は「もう遅いからいらん」ときつい言葉で言ったという。Aさんはそのことで落ち込んだ。

「以前の先生は、当番のペアの子が休んだら、他のクラスメイトに『誰かやってくれるかな?』と投げかけてくれるような人でした。しかし、担任は、そんな投げかけはしませんでした。以前から、担任は評判がよくなく、前年度には、クラスで不登校にさせた子どもがいたと聞きました。問題がありそうなので、先生は異動するだろうと思っていたんです。まさか、自分の子どものクラスになると思っていませんでした」(母親)

また、Aさんはテストのときに、消しゴムを落としてしまったことがある。テスト中に質問など、何かある場合には、しゃべらずに手を挙げるというルールがあった。手をあげて消しゴムを取る許可を得ようとした。しかし、その担任はAさんと目があっても無視をしたという。

「そのとき、カンニングと言われることが怖かったようです。2学期になって、ますます担任から息子が無視されることがひどくなり、周囲の子は『先生は、Aさんにきつい』『Aさんにだけ頻繁に呼びつけられる』と言っていました」(同)

担任はあくまでもAさんに非があったと主張

そんな最中に、体育の授業中の出来事が起きた。その意味では、授業中のバレーボールのことは、きっかけに過ぎなかった。Aさんの心理的な負担が限界にきていた。翌日の校外学習をAさんは休んだ。

担任は「ふざけるなら、しなくてもいい」との発言は認めている。しかし、次のようなやりとりがあったと、母親に電話で伝えたと主張したという。

担任「ふざけてるの?」

Aさん「ふざけていました」

つまり、担任は「Aさんがふざけていたと認めた」と、母親に言ったのだ。しかし、Aさんは「ふざけていました」とは言っていないと断言する。ただし、当初は母親も大ごとにはならないと思っていた。出来事から数日後、校長とAさんが話し合った。Aさんは校長に「僕はふざけていないし、認めていません。やらんでいいと言われたけれど、やりますと言いましたが、無視された」と振り返る。

「話し合ったとき、校長は『Aくんの言ったことを先生に伝えるね』と指切りをしたんです。息子は安心していました。しかし、校長は担任に伝えず、『嘘つき』にされていることにショックを受けていました。息子は『(学校へ)行きたくない』『怖い』『悔しい』との気持ちが芽生えました」(母親)

あわせて読みたい

「不登校」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  5. 5

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  9. 9

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。