記事

安価の「ニセモノのピル」が大量流通 密造品を確認するすべはなし

ネットで簡単に変える安価なピルには落とし穴も…(写真/GettyImages)

病院で処方箋をもらうにはちょっとしたハードルが高いということで、インターネットやリモート診療で「ピル」を手に入れる女性も多い。しかし、そんな状況に、思わぬ落とし穴が指摘されている。

【写真】インターネットで簡単に買える国内未承認のピルのパッケージ

「生理が重いので、『低用量ピル』を服用して対処してきました。これまでは産婦人科に通っていましたが、コロナ禍を機にインターネット購入に変えてみたんです。楽だし、安いし。でも、届いた商品には、これまでのパッケージと違って、外国の文字が並んでいて……。少し不安です」(30代女性)

ピルは大きく分けて2種類ある。低用量ピルと、避妊に失敗したときに服用する『アフターピル(緊急避妊薬)』だ。避妊薬として使われることがほとんどだった低用量ピルだが、近年は月経にまつわるトラブルを改善させる目的で服用する女性も増えている。

「低用量ピルをのむとホルモンの量や変動が抑えられて排卵が抑制されるため、避妊効果が得られます。また、排卵後のホルモン量の変動により引き起こされると考えられている月経前症候群(PMS)の症状が緩和されます。
ほかにも、子宮内膜が厚くならず経血量が軽減される、子宮内膜から生産される痛み物質が減少するため月経痛が改善されるなどの効果があり、『のんだら生理が劇的に楽になった』という女性は多い」(ナビタスクリニック内科医の山本佳奈さん)

低用量ピルが日本で発売されたのは1999年のこと。それから20年余りだが、日本の服用率は約3%にとどまる。「普及が進まない理由は2つ」と山本さんが解説する。

「1つ目は、低用量ピルもアフターピルもどちらも市販されていないことです。通院し、医師の診察を受けて処方箋をもらわなければいけないので、入手のハードルが高い。性暴力などから女性の体を守るため、政府は昨年末、第5次男女共同参画基本計画に、処方箋がなくてもアフターピルを薬局で入手できる仕組みの検討を盛り込みました。しかし、反対の声が多く、先行きは不透明です。

2つ目は、価格が高すぎること。一部、子宮内膜症や月経困難症など持病があれば保険適用ですが、それ以外は自由診療となるため自費。低用量ピルはひと月分で2500円前後、アフターピルは1回で6000~2万円程度と高額です。海外だと、どちらのピルも市販されているうえ、価格は日本よりも断然安い。たとえばタイでは、低用量ピルが100~1500円程度、アフターピルは150~300円程度で手に入ります」

日本では、手に入りにくいうえに高額なピル。冒頭の女性のようにインターネットで購入する人が出てくるのも当然だろう。インターネットでピルを処方するサービス「スマルナ」を運営する薬剤師の石井健一さんが警鐘を鳴らす。

「現在、日本では未承認の海外製のピルが少なくない規模で流通しています。『簡単に入手できるから』『安いから』という理由だけで安易に購入すると、取り返しのつかないことになる可能性があります」

日本の厚労省が安全性と効果を確認して承認したピルではない「ニセモノのピル」には危険性が潜んでいる——。

中身は中国製だけどパッケージは日本語

 病院での処方はハードルが高いから、“非正規のルート”で入手したい──そんな薬は女性用のピルだけではない。たとえば、男性の勃起不全(ED)薬であるバイアグラも同じで、一時期、個人輸入やネットを通じ、大量に国内未承認の“薬”が出回った。

 バイアグラを製造・販売する製薬会社らが2016年に行った調査では、輸入品のバイアグラの4割が偽物。パッケージは正規品に似せて作られていても、中身は海外の密造工場で作られるパターンも少なくなかったという。そんな偽物をのんで意識不明になったり、最悪の場合、死に至ったりしたケースも報告されている。

それはそのまま、現在のピルを取り巻く状況と同じだ。警視庁は2019年2月、国内未承認のアフターピル「アイピル」をフリマアプリで販売したとして、仙台市に住む男を医薬品医療機器法違反(無許可販売)で逮捕した。男はピルを海外から個人輸入し、ツイッターで「アフターピル 即日発送」と投稿して客を集めていたという。

アフターピルは、性行為後72時間以内の服用で妊娠阻止率は8割程度とされる。早く服用するほど効果が高いとされ、「いますぐのみたい」という需要が高い。そのため、産婦人科に足を運ぶよりも前に、インターネットで購入する人があとをたたないのだ。

「販売業者は当局から目を付けられないよう、SNSやフリマアプリで購入希望者を見つけ、取引をしています」と明かすのは、中国製の未承認ピルの輸入業者だ。

「まずSNSを使って中国の医薬品マーケットのブローカーに連絡をとって、そこで価格交渉をする。うまくいくと、日本の正規品の5分の1ぐらいの値段で買える。それを大量に輸入して、国内で在庫にするんです。海外から発送すると2週間ほどかかりますが、国内なら最短で即日。さらに、個人向けに売るとき、発送元が日本だと安心されますから。

パッケージですか? こちらがリクエストすれば、英語でも日本語でも、自由自在ですよ。こんなに安く買えるんだから、“成分”は推して知るべしです。自分の知り合いにはすすめないですね」

密造品を確認するすべはない

アフターピルだけでなく、低用量ピルにも「ニセモノ」が紛れ込んでいる。前出の石井さんの話。

「個人輸入だけでなく、最近では『オンライン診療』のサービスでも未承認の低用量ピルが出回っています。私のところには、『以前と同じ低用量ピルを買ったはずなのに袋の外装が違う』という相談が何件も寄せられました。

海外で製造された低用量ピルには、日本では未承認でも、海外なら『正規品』というものもあります。しかし、違法ルートで輸入されたものには密造品が紛れている。それを消費者が確認するすべはありません。また、海外の正規品であっても、保管状況によっては劣化して効果がなくなっている可能性があります。

もし医薬品の成分や製造工程に問題が発覚した場合、製薬会社は流通後の製品を自主回収することがあります。しかし、国内で未承認の医薬品の場合、すでに輸入したものについては自主回収が及びません」

副作用のリスクだけではない。山本さんも警鐘を鳴らす。

「ニセモノのピルが出回ると、避妊効果があると信じていた女性は想定外の妊娠をしてしまうことになりかねません。PMSや月経痛、生理不順がひどい人は、本来改善できる苦痛に耐え続けなければならないんです」

自分の身は、自分しか守れない。医療機関や信頼できる業者からしか入手しない、少しでも疑わしい製品は買わない、のまないを徹底したい。

※女性セブン2021年4月22日号

あわせて読みたい

「ピル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  4. 4

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  5. 5

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  6. 6

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  7. 7

    菅政権の中途半端なコロナ対応

    大串博志

    05月07日 08:28

  8. 8

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  9. 9

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  10. 10

    アルコール持ち込みを認めている店にも休業要請へ 政府

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。