記事
  • ロイター

中国、独占禁止当局の人員拡大へ=関係筋


[北京/香港 12日 ロイター] - 複数の関係筋によると、中国政府は独占禁止当局である国家市場監督管理総局(SAMR)の人員や予算を増やし、反競争的な行為の取り締まりを強化する方針だ。

中国では独占禁止法の改正が進められており、罰金の大幅な増額や市場支配の判断基準の拡充などに関する修正案が提出されている。

SAMRは10日、同国の電子商取引最大手アリババ・グループが独占禁止法に違反したとして罰金180億元(27億5000万ドル)を科したと発表した。

これを受け、中国に進出している海外企業も含め、これまで比較的緩い市場規制の下で発展してきたハイテク企業などに対する監視が強まるとの見方が浮上している。

関係筋によると、SAMRは独占禁止担当の人員を現在の約40人から20ー30人程度増やす計画。

また、地方の部局に審査権限を委任するほか、他の政府機関からも人員を派遣させ、広範な調査が必要な案件に対処する。

独占禁止法調査や日々の業務、研究プロジェクトに充てる予算も増やすという。

SAMRのコメントは取れていない。

清華大学の研究員は「独占禁止の取り締まりを強化するには、人員の拡充と法執行能力の質を上げることが不可欠だ。そうでなければ、一度に複数の案件を処理できず、国民の間で調査の透明性に対する疑念が浮上するだろう」と述べた。

SAMRの反トラスト局は2018年初めに他の政府部局2つを統合する形で設立された。

中国の習近平国家主席は先月、インターネットプラットフォーム企業の健全かつ持続可能な発展に向けて反トラスト当局の権限を強化する方針を表明。法規制も強化されている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  4. 4

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  5. 5

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  8. 8

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  9. 9

    インド型の変異株 国内初となる市中感染を確認

    ABEMA TIMES

    05月14日 17:34

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。