記事
  • ロイター
  • 2021年04月12日 09:10 (配信日時 04月12日 12:44)

中国、コロナワクチン併用を検討 予防効果向上狙う=当局


[北京 11日 ロイター] - 中国疾病予防コントロールセンター(CDC)のトップは、新型コロナウイルスワクチンの有効性を高めるために種類の違うワクチンの併用を本格的に検討していると明らかにした。

これまで公開されたデータでは、中国製のワクチンは米ファイザーや米モデルナなどのワクチンよりも有効性が低いことが示されているが、保管温度の規定は中国製の方が緩い。

CDCの高福主任は10日、成都市で記者会見を開き、現在入手可能なワクチンは「予防率がそれほど高くない」と認め、「異なる技術系列のワクチンを併用する接種方法が検討されている」と明らかにした。

接種回数や間隔を変更するといった「最適化」は有効性の問題に対する「確実な」解決策だとの見方を示した。

中国では4種類のワクチンが開発されており、ある当局者は10日、年末までに国内で30億回分が生産される見込みだと述べた。

ブラジルの研究者による11日の新聞発表では、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)のワクチンは、1回目と2回目の接種の間隔が3週間より短かった場合、第3段階の臨床試験(治験)での有効性は49.1%だった。世界保健機関(WHO)が基準とする50%を下回った。

ただ、別の小グループのデータでは、接種の間隔が3週間以上だった場合、有効性は62.3%に上昇した。全体的な有効性は50%をやや上回ったという。

中国医薬集団(シノファーム)のワクチンの有効性について詳細なデータは公表されていないが、同社は暫定治験結果に基づき、系列会社が開発した2種類のワクチンは79.4%と72.5%の有効性があるとしている。

高氏は11日、人民日報系の環球時報に対し、世界のワクチンの予防率は高いものも低いものもあるとし、「ワクチンの予防率をどのように改善させるかという問題は、世界の科学者の検証が必要だ」と指摘。解決策として、自らワクチン併用と免疫獲得手法の調整を提案したと説明した。

*内容を追加して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  5. 5

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  6. 6

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  7. 7

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  8. 8

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。