記事

“圧倒的存在感”の広瀬すずと“非現実的な美少女”橋本環奈、意外すぎる「共通点」

1/2

 4月3日放送の『ニノさん』の中では、4月新ドラマ『ネメシス』のシークレット出演者・橋本環奈が発表された。大きな注目が集まったのは、『ネメシス』で櫻井翔とともにW主演をつとめる広瀬すずとの初共演が実現したからでもある。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 映画『新解釈・三國志』に2人とも出演してはいるものの、広瀬すずはシークレットゲストとして完全に別のシーンでの短い出演であり、2人が同じ場所で撮影したシーンはなかった。1998年6月生まれの広瀬すずと1999年2月生まれの橋本環奈は同学年である。これまで同世代の若手スターとしてよく比較されてきた2人が本格的に共演する初めての作品が『ネメシス』ということになる。


広瀬すず ©getty

 これまで本格的共演がなかった背景には、実は2人が出演する作品がそれぞれ別の傾向に分かれているという理由もあるだろう。広瀬すずの出演作は『海街diary』『怒り』『三度目の殺人』、テレビドラマであれば『anone』と、日常を舞台にしたリアリズムの作品が多い。

美少女ぶりが、設定やストーリーと矛盾してしまう

 一方の橋本環奈は『銀魂』『暗殺教室』『今日から俺は‼︎』など、コミック作品の実写化ヒロインに高い評価を得ており、たとえば同じ漫画作品の実写化でも、広瀬すずの代表作の一つである『ちはやふる』シリーズが部活動競技という日常を舞台にしているのに対して、橋本環奈は『キングダム』に代表される非日常的な作品が多いのだ。

 現在WOWOWで放送中のドラマ『インフルエンス』を見てもわかるように、橋本環奈の演技力はリアリズム作品でも十分に通じる上手さを持っている。にもかかわらず出演作にそうした非日常系コミックヒロインが多くなるのには、漫画やアニメの二次元ヒロインを実写化するのに、彼女の美貌と身長がうってつけだからというのもあるのだろう。

 だがそれは裏を返すと、橋本環奈をアイドルスターに押し上げた非凡な「小ささ」と「可愛さ」が、日常劇の中で時に浮き上がってしまうという難しさもあるのだ。

『かぐや様は告らせたい』のように、学校一の美少女という設定のキャラクターなら問題はなく、むしろ適役である。だがたとえば『ハルチカ』や『午前0時、キスしに来てよ』のような、平凡な少女役を演じると、橋本環奈の非現実的なまでの美少女ぶりが設定やストーリーとしばしば矛盾してしまう。

橋本環奈がかかえているハンデ

『ハルチカ』では部員の集まらないブラスバンド部の入部勧誘に、橋本環奈演じるヒロインがビラを配るが生徒たちが誰も受け取ってくれない、というシーンがある。しかしこう言っちゃなんだが、配ってるヒロインは橋本環奈なのである。どう考えても集まるだろう男子部員。同級生どころか、隣の学校の男子まで押しかけるレベルの美少女である。

『午前0時、キスしに来てよ』では、平凡な少女という設定の橋本環奈が、女優である恋のライバルに対して「やはりお美しいですね、この世のものとは思えないくらい、お顔も小さくてまるでお人形さんみたいで、それに比べて私は…」とコンプレックスを告白するセリフがある。橋本環奈にそんなことを言われる相手女優の身にもなってほしい。フランス人形みたいな顔はお前の方じゃ、と心の中でつっこまざるをえない設定の破綻であった。

 つまり橋本環奈は、アイドルとしてはそれこそ1000年に1人級の逸材だが、女優としては「美しすぎて」逆に役を選ぶ難しさを背負っているのだ。 

 もちろん多かれ少なかれドラマや映画では平凡な少女を美人女優が演じるものだが、ものには限度というものがある。

 たとえば、ハンサムな男性俳優の身長が180cmであれば「スタイルがいいね」と称賛され、人気も出るだろう。190cmになったら「すごいね」と驚かれるかもしれない。だがもし俳優の身長が2メートルを超えてしまったら、その俳優がたとえハンサムでも、普通のドラマで主人公を演じることが難しくなるだろう。視聴者が自分を重ねることができず、周囲から浮き上がってしまうからだ。

 身長2メートル超の俳優は、おそらく漫画やアニメの実写化作品で巨漢を演じることが多くなるはずだ。公称身長152cm(これは12歳の女子児童の平均身長とほぼ同じである)の橋本環奈がかかえている「美しすぎ、小さすぎ」という女優としてのハンデは、それに似ているかもしれない。

 その人気と知名度からすると意外かもしれないが、橋本環奈は若手女優の定番である「東京キー局の連ドラのラブストーリーで主演」というコースをたどっていない。身長2メートルの俳優がアクション映画に主演して、180cmの相手と殴り合いをしても観客に「負けるかも、頑張れ」と思ってもらえないように、橋本環奈は恋のハラハラドキドキを演じるにはあまりに「強すぎる」女優で、その顔面力は男子の身長2メートルに相当する諸刃の剣だ。 

あわせて読みたい

「広瀬すず」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。