記事

コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

1/2
図1)エム・データのTVメタデータで抽出した「貧困」「困窮」「生活苦」の放送時間

コロナ禍で飛躍的に増えた「貧困」「困窮」「生活苦」についてのテレビ放送

図1を見てほしい。

地上波テレビの放送内容を調査会社エム・データがテキスト化した「TVメタデータ」で抽出した「貧困」「困窮」「生活苦」についての放送時間で、一番上の行が昨年、2020年の総放送時間をグラフ化したものだ。

51時間26分52秒。

大半を占めるのがニュース番組や情報番組、ドキュメンタリーなどだ。

これらの言葉での放送時間が多かったのは最近では2009年で21時間41分24秒。

前年秋のリーマンショックの影響で製造業を中心に日本国内でも大きな打撃を受けて、その余波がまだ社会全体を覆っていた時期だ。その頃に放送時間が一番多かった年と比べても昨年は2倍以上テレビがこの言葉をキーワードして放送していたことがわかる。

コロナ禍による「貧困」「困窮」「生活苦」。それは現在も続いている社会問題だ。2021年もテレビの放送は同様だが、「TVメタデータ」が示すテレビの「貧困報道」の特徴を大きくまとめてみたい。

「リーマン期」に匹敵する失業、倒産などの報道

図2)エム・データのTVメタデータから「失業」「失職」「廃業」「倒産」「破産」の放送時間を抽出したグラフ(筆者作成)

図2を見てほしい。

「失業」「失職」「廃業」「倒産」「破産」というキーワードでのテレビ放送を集計したものだ。

一番上の行の2020年は157時間29分50秒。「リーマン期」でリーマンショック翌年の2009年の168時間12分37秒には及ばないが、これは2020年に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発出や営業の自粛などで「失業」や「倒産」などが目に見える形で現れてから報道されるまでに数ヶ月かかったタイムラグによるものだと思われる。

2008年から2009年にかけてもこうした傾向が見られる。おそらく2021年も年間データが揃えばこれらの言葉による報道はかつてない放送時間に増加するものと推定される。そうであれば、仕事を失った人たちの生活支援などの報道が十分に行われているのかという点が注目すべき点として浮上してくる。

「貧困報道」をなぜ調査研究するのか?

筆者はかつてテレビ局で報道分野の記者や制作者として長く働いてきた。そのなかでの主な関心事は「貧困」で、この分野でドキュメンタリー番組を制作したり、ニュース報道を行ってきたりした。

日本では「一億総中流」の意識が長く続いたこともあって「貧困」は存在せず、アフリカなど発展途上国の出来事だと国民の多くが考えてきた。高度成長が終わって低成長の時代になっても「貧困」と日本国民はしばらく結びつかないものだった。

その節目が大きく変化したのが、2006年から10年頃にかけてだ。テレビ報道がきっかけになって日本国内でも深刻な「貧困」が進行している実態を多くの人々が共有するようになった。NHKが「ワーキングプア」、日本テレビが「ネットカフェ難民」とドキュメンタリー番組を軸にしたキャンペーン報道を展開。継続的に報道したことでテレビは日本社会に深刻な「貧困」が横たわっていることを知らせる推進力になった。

2008年秋、米国発の「リーマンショック」が製造業を中心に襲い、「派遣切り」が横行して非正規で働く人々を直撃した。この年の年末に東京・日比谷公園で労組やホームレス支援団体などが行った年越し派遣村は年始年始のトップニュースとなり、食料配布に並ぶ元派遣労働者らの長蛇の列の現状は貧困問題の深刻な現状と支援の必要性を国中に知らしめるものになった。

そうしたテレビ報道の流れには筆者も放送する側の人間としてかかわった。

「生活保護」という公的な扶助の制度があるにもかかわらず、申請しようとしても行政側が事実上対応せず支給に至らない“水際作戦”などの問題。

さらに事実上は家を失っているホームレスなのにそうは見えない“ネットカフェ難民”の存在などに注目し、筆者もテレビでニュースやドキュメンタリーを通じて発信してきた。

その後、大学に軸足を移し、研究者になった現在もテレビが「貧困」についてどのように扱っているのかは筆者にとって大きな関心事である。

2020年、新型コロナウイルスが世界中を襲い、様々な産業や仕事を直撃している。再び、「貧困」の問題にテレビが大きく注目するようになっている。

リーマンショックの頃の「貧困」に関するテレビ放送と現在の新型コロナウイルスによる「貧困」に関するテレビ放送。それは同じ質のものなのか。

もし違うとすればどのように違うのか。

そのことを検証することは日本におけるテレビ報道の役割や意義を検証することにつながるはずだ。

今回、株式会社エム・データがテレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供していただくことができた。

これを材料にしてリーマンショックによる不況の時期と新型コロナウイルスによる現在の不況の時期において、テレビ放送がどのように変化しているのか、明るみに出そうというのが研究の目的だ。

あわせて読みたい

「テレビ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  2. 2

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  3. 3

    警鐘鳴らした当人が…医師会会長パーティ出席で謝罪内容に非難

    女性自身

    05月14日 08:34

  4. 4

    新型コロナワクチン接種。政治家が優先されるのはアリだけど、事前説明を徹底すべし

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月14日 08:17

  5. 5

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  6. 6

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  7. 7

    「希望者全員に毎月20万円の給付金を配れ」京大教授が訴える最強のコロナ対策

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:56

  8. 8

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  9. 9

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  10. 10

    発熱外来病院でみんなでランチの恐怖!県外移動さえしなければいいとの思い込み・・・

    かさこ

    05月14日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。