記事

塀の上を走れ!「ドロップイン」な生き方について考える

今年も残りわずかとなった。この1年間も、多くの人と会い、いろいろな話を聞いた。
テレビ番組にも出て、原稿を書き、講演会で日本各地を訪れた。
海外にも取材に行った。休まずに走ってきたと思う。
この年齢になって、いったいなぜこんなにも忙しく過ごしているのだろうと、我ながら笑いたくなることもある。

しかし、僕は一生、いちジャーナリストでいたい。好奇心のままに仕事をし、人生を駆け抜けたいのだ。そんな人間のあり方のお手本にしている作家がいる。
森鴎外である。

僕の好きな作家が明治の文豪とは、意外に思われるかもしれない。
実は、若いころから鴎外が好きだったのだ。
大学の卒論のテーマは、「鴎外をめぐる女たち」だ。

鴎外は、海外留学中に知り合ったドイツ人女性と恋に落ちた。
帰国すると、その女性が日本にまで追いかけてきた。
結局、説得して国へ帰すのだが、情けないことに、説得したのは、鴎外自身ではなく父親である。
初期の代表作『舞姫』のもとになったエピソードだ。
その後、鴎外は母の勧めで結婚。無事に長男が生まれるものの離婚する。
後に再婚し、4人の子どもをもうけた。

鴎外は「闘う家長」というイメージが強い。
ところが、実の母親をはじめ、ドイツ人女性、最初の妻、二番目の妻と4人の女性に翻弄されてきた、と僕は卒論で論じたのだ。

鴎外は、弱い男だと思う。
けれどその弱さを克服して、作家としてラジカルに生きた。
一方で軍医総監として、そしてまた家長として、体制内に留まった。

先日、僕は自伝『塀の上を走れ』を書いた。
そこで、自分の生き方をドロップアウトならぬ「ドロップイン」という言葉で表現した。
仕事はラジカルに、そして自分の属する組織を自分から捨てない。
無茶をして迷惑もかけるが、家族は守る。
この鴎外こそ、まさに「ドロップイン」の元祖なのだ。

かつて僕は、自分が司会を務めたテレビ番組で、時の首相3人を追及し、退陣に追い込んだ。
だが、いくら首相を攻めたてても、いくら政権を交替させても、日本はちっともよくならない。そのことに気づいたのだ。
もはや壊すべき強固な「体制」などない。
むしろこちらがさまざまな提案をしていくべきだと考えたのである。
僕のこの「転向」に対して、「田原は日和(ひよ)った」「体制側に寝返った」などと非難された。
だが、これは思想の「ドロップイン」なのだ。

傍観者の視点からは、何も生まれない。目指すのは、日本をよくすることだ。
だから僕はどう言われてもよい。

まもなく、安倍政権が誕生する。
政権が変わっても、僕は変わらずに、日本が少しでもよくなるなら、という気持ちで活動していく。そして、来年も突っ走り続けていきたい。

あわせて読みたい

「ジャーナリズム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  3. 3

    菅さんは、小池さん並みにマスコミを上手に使えばいいのになあ

    早川忠孝

    05月09日 16:21

  4. 4

    お相撲さん→スーパーの店長→モデル→インドで人気俳優…元力士の波乱万丈すぎる人生

    文春オンライン

    05月09日 15:23

  5. 5

    驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?

    かさこ

    05月09日 08:19

  6. 6

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  7. 7

    小池都政DX戦略大失敗!急げ医療者へのワクチン接種

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    05月09日 21:10

  8. 8

    「遊びは富を生み出さない」の定義を変えたYouTuberのゲーム実況

    Dain

    05月09日 11:34

  9. 9

    会議中に「頭ごなしの反論」があったときの天才的な切り返し方

    PRESIDENT Online

    05月09日 14:29

  10. 10

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。